借金減額シュミレーターは、借金がどれくらい減らせるかを簡単に診断してもらえる無料ツールです。

生活費が足らない期間が続いたり、リストラに遭ってしまったり、パチンコにハマってしまったり、人は様々な事情で借金を抱えてしまうことがあります。

しかし、お金を借りると、必ずやってくるのが返済のプレッシャーですよね。

借金が増えると月々の返済額も確実に増えて来ますし、利息の金額も増えて、借金がなかなか減らない負のスパイラルに突入してしまいます。

返済日が迫ってくるのにお金がないとかなりのストレスを感じるものです。

また、中には他社からお金を借りながら、一時しのぎをしている内に多重債務者になる方もいらっしゃいます。

しかし、そんな生活を続けていたら、結婚すら出来ませんし、老後の生活にも暗雲が立ち込めてしまいます

そんな困った時に役立つ借金減額シュミレーターについて解説していきます。

借金はどれくらい減らせる?

借金減額シュミレーターを利用された方の解決事例は以下のようになっています。

利用者 利用前 利用後
A子さん(28歳) 借金280万円
毎月の支払い額12万円
金利13~15%
借金180万円
毎月の支払い額4万円
金利0%
B男さん(42歳) 借金670万円
毎月の支払い額4万円
金利13~15%
借金140万円
毎月の支払い額4万円
金利0%

 
A子さんは、月々の返済額が一気に8万円減っていますし、B男さんは借金の額が大幅に減っていることが分かりますよね。

借金減額シュミレーターの使い方

借金減額シュミレーターの使い方は簡単です。

借金減額シュミレーターのサービスを提供しているは株式会社HIROKENの借金相談用HP街角相談所-法律-から、無料診断を依頼するページに入ります。

そこで、

  • 借入れ件数
  • 住宅ローンの有無
  • お住まいの地域
  • 借り入れ総額
  • 電話番号とメールアドレス

を入力して送信するだけです。

氏名や住所を入力する必要はありません。

つまり借金減額シュミレーターは、匿名で内緒に相談出来るというメリットがあるのです。

また、借金の減額診断を申込むと、基本的にはメールで返事が来ます。

その後、電話でのやり取りも可能ですが、メールでの相談を希望する方は、その旨を事前に伝えておけば大丈夫です。

借金減額の仕組み

ただ、ここまで読んで来た方の中には、

「借金減額シュミレーターは何でこんなに借金が減らせることが分かるの?」

「借金減額シュミレーターはやっぱり怪しいんじゃないか?」

と思う方もいらっしゃるかと思います。

借金減額シュミレーターで大きく借金を減らせる理由は、債務整理の方法を使っているからです。

債務整理には、大きく分けて、任意整理、個人再生、自己破産と3つの種類があります。

任意整理 ●払い過ぎた利息があれば減額
●将来利息をカット
●月々の支払い額を減らす
個人再生 ●借金を約5分の1に減額
●月々の支払い額を減らす
自己破産 ●借金をチャラにする

いずれも国が認めた合法的な借金の減額方法となっています。

別に、強引で違法なやり方を使っている訳ではないので、ご安心下さい。

ちなみに借金相談を消費生活センターや法テラスにした場合も、基本的には債務整理を勧められます。

借金減額シュミレーターのデメリット

では、借金減額シュミレーターには、まったくデメリットがないかというと、そういう訳ではありません。

借金減額シュミレーターで無料診断をした後、紹介された弁護士や司法書士に債務整理の依頼をすると、信用情報機関に事故情報が登録されます。

つまり、ブラックリストに登録されてしまうです。

ブラックリストに載る期間は、どの債務整理の手続きを行なうかによっても異なりますが、約5年~10年間となってきます。

その間は、

  • 新たな借入れが出来ない
  • 車や住宅ローンを組めない
  • クレジットカードを作れない

などのデメリットが生じてしまいます。

また、任意整理、個人再生、自己破産にはそれぞれ異なるメリット・デメリットもあります。

任意整理 ●借金があまり減額されない場合もある
個人再生 ●書類の手続きが複雑
●個人情報が官報に掲載されてしまう
●住宅ローン以外の借金はすべて整理の対象となるので保証人の付いた借金などを外せない
自己破産 ●個人情報が官報に掲載されてしまう
●一定以上の財産は処分の対象となる
●一部の職業や資格は復権するまで制限されてしまう
●すべての借金が整理の対象となるので保証人の付いた借金などを外せない

その他の詳しい内容については借金減額シュミレーターで紹介された弁護士や司法書士に無料相談する中で確認してみて下さい。

このように借金減額シュミレーターには確かにデメリットもあります。

しかし、それ以上に長年あなたを苦しみ続けてきた借金の苦しみから解放されるという大きなメリットもあるので、後は、そのメリットとデメリットを比較しながら、検証をしてみたら良いでしょう。

知恵袋や2chには借金減額シュミレーターの口コミがない!?

実は、知恵袋や2chで借金減額シュミレーターの口コミを探してみても、ほとんど見当たりません

ただ、借金減額シュミレーターは、まだ普及していないかというとそういう訳ではありません。

借金減額シュミレーターは、毎月2万名の方が利用していますし、借金の解決率は約80%という実績を持っています。

これだけ利用している人が多いと、悪い口コミがいろいろ出て来てもおかしくはないでしょう。

しかし、そういった口コミは見当たらないですし、もしも怪しいと思ったら無料相談の段階で辞めれば良いだけなのでリスクは極めて低いと言えます。

借金減額シュミレーターを今すぐ使うべき理由

借金というのはやっかいなもので、金利が高いと1日過ぎるごとに高い利息が付いて、借金の金額がどんどん増えてしまいます

つまり、1日判断が遅れると、その分、利息であなたは確実に損をしていくことになります。

ですから、これ以上損失を増やさないためにも、借金問題を本格的に解決したい方は早めに相談されることをお勧めいたします。

逆に、借金減額シュミレーターを使って早く借金問題を解決してしまえば、その分、経済的にも精神的にもかなりの負担を減らすことが出来ます

それによって、結婚することにも前向きになれますし、老後の不安もかなり減って来ます。

あなたが借金問題を解決することは、あなただけでなく家族や周りの人達の幸せにも繋がってくるのです。

ですから、まずは最初の一歩を踏み出すところから始めてみて下さい。

↓借金減額シュミレーターはこちらから↓

借金減額シュミレーターのQ&A

借金減額シュミレーターって本当に良いのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、ここでは、さらに借金減額シュミレーターに関する疑問に答えていきます。

借金減額シュミレーターは無料で使えるのはどこまで?

借金減額シュミレーター(借金減額シミュレーター)は無料で利用することが可能です。

ただ、無料相談をする中で、紹介された法律の専門家(弁護士や司法書士)に債務整理の依頼をすることになった場合、そこから費用が発生します。

債務整理を行なう場合の費用の相場は以下のようになっています。

任意整理 ●債権者1件あたり数万円
(他にも利息を払い過ぎていたことが分かり、その分が減額されれば10%の減額報酬が通常掛かります)
個人再生 ●数十万円
(個人再生委員が選ばれると弁護士報酬とは別に15万円ぐらいの予納金を裁判所に支払う必要が出て来ます)
自己破産 ●数十万円
(もし、一定基準以上の財産があって同時廃止事件ではなく管財事件となる場合は、弁護士報酬とは別に、裁判所に予納金を50万円以上(少額管財の場合は20万円以上、払う必要が出て来ます)

このように債務整理を行なう場合は、費用が掛かりますが、借金減額シュミレーターで、それ以上に借金が減額されることが分かれば、あなた得をすることになります。

また、債務整理を行なう必要はないと利用者が判断すれば、支払う金額はゼロとなります。

借金減額シュミレーターの申込の際は電話番号が必要?

借金減額シュミレーターに無料相談をする際、メールアドレスだけでなく、電話番号の入力も必須となります。

そのため、無料相談を申込んだ後、基本的にはメールで連絡が来ますが、電話が来る場合もあります。

家族に内緒で借金問題の相談をしたい人は、そこで家族にバレないか心配されるかもしれません。

ですから、その場合は、

  • 固定電話ではなく自分の携帯電話番号を書いておく
  • 備考欄に「メールでの連絡を希望」と書いておく

などの対処をしておけば、電話を通じて、家族にバレてしまうリスクを下げることが出来るでしょう。

また、結果的に、借金減額シュミレーターで債務整理の依頼をすることなく終わってしまった場合でも、後からしつこい電話が来ることはありませんので、その点ではご安心下さい。

借金減額シュミレーターは怪しい?

それではも、借金減額シュミレーターは怪しいのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、借金減額シュミレーターの解決事例は、既に15,000件を超えており、十分な実績を持っています

また、借金問題の解決率は80%と非常に高い数値を出しています。

借金減額シュミレーターのサービスを提供している株式会社HIROKENは、東京都の目黒区に本社を置く会社です。

この会社は、借金問題だけでなく、探偵、不動産、融資などの分野で利用者と専門家を繋げるマッチングサイトを作っており、そのシステム力は評判が高いです。

もし、借金減額シュミレーターが本当に怪しければ、ここまでの実績は出ていませんので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

↓借金減額シュミレーターはこちらから↓