個人再生をする際に、車があると条件によっては、いろいろ面倒なことが起こって来ます。

そのため、個人再生前に車の名義変更をしたいと考える人もいるのですが、実は、そんなことをしても意味がありません。

ここではその理由について解説していきます。

名義変更自体が出来ない場合も

まず、個人再生前に車の名義変更をしたいと思っても、そもそも名義変更自体が出来ないケースがあります。

それは、車の所有権があなたにないケースです。

特に、ディーラーを通じて信販系のカーローンを組んでいる場合、所有権留保の特約によって、ローンを完済するまでは、所有者(名義人)がディーラーか信販会社になっています。

ですから、ローンの返済中の段階では、勝手に車の名義変更を行なうことが出来ません。

また、カーローンの返済中で、かつ名義人が信販会社である状態である場合は、車を引き上げられてしまう可能性が高くなります

ですから、その場合は、別の方法を使って、車を残すことが出来ないか検討していく必要があります。

参考記事:個人再生で車を残す方法

銀行のローンであれば車を残せる可能性は高い

その一方で、銀行のマイカーローンやフリーローンで車を購入していた場合、車の名義人は基本的にあなた自身になっています。

もし、車が自分名義になっていれば、個人再生を行っても、車を残すことは可能です。

ただし、自分名義の車がある場合、それは財産としてカウントされるため、清算価値が上がります

清算価値とは、現在、保有している財産を換価した場合の総額です。

個人再生では借金を約5分の1に減らしたりすることが出来ますが、もしそこで算出された最低弁済額よりも清算価値の金額が上回った場合、弁済額はその金額に合わせなければなりません

もし、500万円の借金を100万円に減らすことが出来たとしても、あなた名義の車を査定して算出した評価額を含めた清算価値が200万円になってしまうと、弁済額は200万円になります。

車の評価額によっては、個人再生をやる意味がなくなってしまう可能性があるので、名義変更をして、清算価値を下げようと考える人がいます。

名義変更をしても意味がない

しかし、実は個人再生前に車の名義変更を行っても意味がありません。

まず、名義変更をした場合は、資産を譲渡したことになりますが、その分も裁判所に報告する必要があります。

そして、その分は清算価値に含めなければならず、清算価値は名義変更しない場合と比べて同じになってしまいます

つまり、個人再生前に名義変更をしても全く意味がないのです。

また、名義変更をして、譲渡した資産について、裁判所に申告をしないと財産隠しと見なされて、個人再生が棄却、または不認可になってしまうリスクが生じてしまいます

別の方法について考えてみる

このように、個人再生前に車の名義変更をすることは意味がないので別の対処法を考える必要があります。

例えば、個人再生ではなく任意整理の手続きであれば、所有している財産は影響を受けないというメリットがあります。

また、もしかしたら、あなたが所有している車の評価額は、それほど高くはならず、清算価値が最低弁済額を上回らないかもしれません。

ですから、車を持っている人は、自分なりに考えるよりは、どのような方法で借金を整理するのが良いのか、債務整理に強い弁護士や司法書士に相談してみることをオススメいたします。