車のローンを任意整理の対象とした場合、車は引き上げられてしまうのでしょうか?

車が仕事や生活の中で必要不可欠な人にとって、車が引き上げられてしまうかは、任意整理をすべきか判断する上での大きなポイントになってくるかと思います。

ここでは、車のローンがある状態で任意整理をしたらどうなるか、ケースごとに解説をしていきます。

車の所有者(名義人)をチェック

車のローンを任意整理の対象にする場合、車の名義人が誰であるかによって、引き上げの可否が決まって来ます

車検証を見ると、車の所有者(名義人)をすぐ確認することが出来ます。

そこで、名義人が信販会社になっている場合は、車は引き上げられる可能性が高くなります

この場合、車のローンを組む際に所有権留保の特約が付いて、ローンを完済するまでは、所有者が信販会社になると決められています。

ですから、車のローンを任意整理の対象とすれば、所有者である信販会社が車を引き上げていくのは当然の流れとなります。

また、車の所有者がディーラーである場合は、所有者と債権者(信販会社)が異なるため、場合によっては車を残すことも可能なケースがあります。

その一方で、もし銀行のオートローンやフリーローンなどで車を購入している場合は、所有者があなた自身となっているので、ローンを任意整理の対象としても、車が引き上げられることはありません

車のローンは任意整理の対象から外すのがベスト

ですから、車を引き上げれないためには、車のローンを任意整理の対象から外すのがベストです。

実際、個人再生や自己破産の手続きを行った場合は、債権者平等の原則の観点から、車のローンも必ず債務整理の対象としなければなりません

しかし、任意整理では、整理の対象とする借金を選べるので、もし車のローンを外して、任意整理を行っても借金問題を解決出来るのであれば、外すのに越したことはありません。

もちろん、任意整理は個人再生や自己破産に比べると借金をあまり減額出来ないというデメリットがあるので、車のローンをそのまま残して債務整理をすると、任意整理後の返済計画がうまく立てられないこともあります。

ですから、まずは、借金の減額シュミレーションを行ってみて、車のローンを対象から外して任意整理を行っても大丈夫かチェックをしてみると良いでしょう。

銀行のローンの場合でも外すのが良い!?

ちなみに、銀行のローンで車を購入した場合は、車の所有者があなたになっていれば、任意整理を行っても車が引き上げられることはないので、整理の対象にした方が良いようにも見えます。

ただ、銀行のローンは元々、金利が低いので、任意整理で将来利息をカットすることが出来ても、あまり経済的利益は得られません。

逆に、任意整理の手続きを行なうと、債権者1件あたり、約数万円の報酬費用が発生してしまうので、下手をしたら損をする可能性もあります

ですから、銀行のローンで、車の所有者が自分になっている場合でも、シミュレーションを行った上で、最終的にどうするか判断されるのが良いでしょう。

車の引き上げを覚悟して任意整理を行なう場合は?

もし、車のローンを残して任意整理をすると、返済がうまくいかない場合は、車の引き上げを覚悟した上で、任意整理の手続きを行なうことも選択肢の一つとなってきます。

この場合は、

  1. 車のローンの債権者に対して受任通知を送る
  2. 車が引き上げられる
  3. 車が売却されて売却費用が残債から引かれる
  4. 残債から将来利息をカットして分割返済する和解契約を結ぶ

という流れで手続きを進めていくことになります。

ただ、車の引き上げを覚悟するのであれば、個人再生で一気に借金の額を減らしてしまった方が良い場合もあります。

また、個人再生を行なう場合でも車を残す方法はあるので、その可能性も含めて弁護士や司法書士へ一度、相談されてみることをお勧めいたします。

参考記事:個人再生で車を残す方法~ローンの有無と所有者がポイント