債務整理中にお金が必要になって借入れをするとばれるのでしょうか?

元々、借金が返済できず、お金がない中で債務整理を始めた訳ですから何らかの事情で借入れをしたくなるケースは実際あり得ます。

その場合、100%ばれるという訳ではありませんが、ばれたら、リスクが大きいので、気を付けた方が良いでしょう。

債務整理中の借入ははれる?

債務整理中の借入はばれるかどうかという点についてですが、やり方によってはばれないケースもあります。

貸金業者から借入をする場合、信用情報機関の情報が照会されます。

既に債務整理中の場合は、そのことが借入をしようとしている債権者にはばれるので、そこで審査に落ちる可能性が高いです。

また債務整理を始めた段階で、クレジットカードも使えなって、そこからキャッシングすることも難しくなってくるでしょう。

しかし、フクホーなど、中小の消費者金融などの中には、債務整理中でも借入が出来るところもあります。

その一方で、既に債務整理の対象としている貸金業者に対して、ばれる可能性は低いです。

なぜなら、信用情報機関の情報は、厳しく管理されており、新規で借入の申請をする時など、特定の条件が満たされないと照会することが出来ないからです。

借入れがばれるとリスク大

しかし、債務整理中に借入れを行ったことが、バレてしまうと、リスクはかなり大きくなってしまいます。

任意整理中の場合

任意整理中に借入がばれると、任意整理をしようとしている業者が交渉に応じてくれなく可能性が高くなります

任意整理の交渉では、原則として、将来利息をカットする方向性で和解をしていきます。

そうった状況の中で、借入れがバレると、

「他の債権者からは利息を払ってお金を借りているのに、なぜ将来利息をカットしなければいけないのか」

という話に当然なってしまいます。

債務整理中の借入れは、任意整理の対象となっている業者から、詐欺的な借入れだと判断されても仕方がありません

個人再生や自己破産の場合

個人再生や自己破産の場合は、裁判所を通じた手続きとなりますが、債務整理中に借入れを行った場合は、裁判所が絡んでくるので、もっと大きな問題に発生してしまいます。

個人再生では、どのタイミングで借入れがバレるかによりますが、個人再生の開始決定がされなかったり、再生計画案が認可されなくなったりする自体が生じます。

個人再生中に借入れをする人は、個人再生後にきちんと弁済をしていくと信じてもらえなくなるからです。

自己破産でも、破産法252条1項5号の以下の免責不許可事由該当し、免責が許可されない可能が高くなります。

破産手続開始の申立てがあった日の1年前の日から破産手続開始の決定があった日までの間に,破産手続開始の原因となる事実があることを知りながら,当該事実がないと信じさせるため,詐術を用いて信用取引により財産を取得したこと

自己破産中の借入れは、詐欺行為だと見なされてしまうので、絶対やめるようにして下さい。

司法書士や弁護士にばれたら辞任される

さらに怖いのは、債務整理の手続きを受任している司法書士や弁護士にばれたら、辞任される可能性があるということです。

債務整理中に借入れをすると、債権者や裁判所との交渉が一気に難航するため、司法書士や弁護士も対応が難しくなってしまいます。

そして、それは司法書士や弁護士との信頼関係を著しく悪化させる結果になってしまうのです。

もし、司法書士や弁護士に辞任をされたら、借金が元に戻ってしまうだけでなく、債務整理中で一時的にストップしていた債権者からの催促や取り立てが再開されてしまいます。

その場合は、債務整理を始めた時よりも、さらに状況は悪化してしまう可能性が高くなるでしょう。

つまり、文字通りの地獄を見ることになるので、債務整理中の借入れは絶対にしない方が良いのです。

まずは弁護士や司法書士に相談を

債務整理中にお金が必要になることは十分あり得る話です。

ただ、内緒で借入をしようとすると、大きな悲劇の引き金にもなり兼ねません

そんな時、弁護士や司法書士に相談すれば、報酬費用の分割払いや、あなたの状況にあった債務整理のプランの提案など、アドバイスをしてもらうことも可能です。

実際、借入の目的や額によっては、借入れが許されることもありあす。

ですから、債務整理中に借入れをする必要性に駆られた時は、必ず弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。