借金減額という話を聞くと、

「何か怪しいのではないか?」

「世の中には、そんなにおいしい話があるはずがない。」

と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、そうやって本当は借金を減額できる人が、その仕組みを知らずに損をしているというのは、非常にもったいないことだと思います。

ここでは、そんな損失を抱えないために必要な知識をお伝えしていきます。

なぜ借金減額が出来るの?

借金減額の仕組みには、いくつかの種類がありますが、まず知っておくべきことはグレーゾーン金利についてです。

元々、日本には利息制限法という法律があり、利息については以下のようなルールが定められていました。

借入れ金額 上限金利(年率)
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

しかし、貸金業界には、出資法というもう一つの法律があり、そこでの上限金利は29.2%となっていました

そこでサラ金と呼ばれる消費者金融では、利息制限法ではなく出資法を優先して、最大29.2%の金利で融資をしていたのです。

利息制限法を超えるけれども出資法を下回る金利をグレーゾーン金利と呼びます

しかし、2007年~2010年にかけて、改正貸金業法が段階的に実施され、グレーゾーン金利が撤廃されました。

そして、さらに、以前、グレーゾーン金利でお金を借りていた人は、相手の貸金業者からお金を返してもらえることになったのです。

借金はどれくらい減額される?

任意整理などを行なうと、弁護士や司法書士は、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、利息を計算し直します。

そこで、払い過ぎていた利息が判明すれば、その分を残債から減額することが出来ますし、残債を上回った分は過払い金として請求することが出来ます。

過払い金がどれくらい発生するかは人によっても異なりますが、取引期間が長ければ数十万円から100万円以上発生するケースもあります

払い過ぎた利息は、発生した分の100%を必ずしも取り戻せる訳ではありません。

しかし、それでも弁護士や司法書士を通じて交渉をすれば、80%ぐらいを返還してもらい、その分を残債から減額したり、過払い金として請求することが可能です。

さらに、費用と時間は多少掛かりますが、訴訟を起こすことによって過払い金の100%近くを取り戻せる場合もあります。

これが合法的なやり方で借金を減額できる仕組みです。

実際にあなたの借金がどれだけ減額出来るかは以下の方法で調べることが出来ます。

任意整理では借金が減額されない場合も

ただ、この過払い金による借金減額の仕組みが利用できるのは、最後の取引があった日から10年以内と決まっています。

今は、グレーゾーン金利が撤廃されてから、かなりの期間が過ぎているので、過払い金によって全体の借金が減額できるケースは減りつつあります。

もし、払い過ぎた利息や過払い金が発生していなければ、任意整理では借金を減額することが出来ません。

ただ、任意整理では、”将来利息をカットできる”というもう一つのメリットがあるので、それによって、借金の返済負担を減らすことも可能です。

借金を減額する別の仕組み

このように、もし過払い金が発生しなければ、グレーゾーン金利の仕組みでは、借金が減額されないのですが、別の債務整理の方法を使えば、借金を減額することも可能です。

その一つが個人再生というやり方です。

個人再生では、民事再生法13章の規定によって、借金を約5分の1に減らすことが出来ます

ですから、任意整理で借金が減額されない場合は、個人再生によって借金を減額することもあります。

さらに、自己破産であれば、借金をチャラに(免責)してもらうことが出来ます。

実際に、どの方法で借金を減額するのが、あなたに一番合っているかは、異なる部分があります。

ですから、自分の借金をどれだけ減るかどうかは、弁護士や司法書士に相談をして確認されることをお勧めいたします。