専業主婦が債務整理をする時はどういった点に注意すべきなのでしょうか?

専業主婦は収入がないので、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のカードローンは基本的に使うことが出来ません。

ただ、世の中にはいろいろな抜け穴があるものですよね。

銀行のカードローンであれば、総量規制の対象外なのでお金を借りれる可能性も高いですし、クレジットカードのショッピング枠でリボ払い地獄で残高が膨れ上がる専業主婦もいらっしゃいます。

また、旦那に内緒で債務整理をしたいという専業主婦の方が多くいるのも事実です。

ここでは、専業主婦が債務整理をする時に知っておくべき点についてお伝えしていきます。

専業主婦が出来るのは任意整理か自己破産

専業主婦が出来る債務整理の種類は限られていて、任意整理か自己破産となります

(弁護士や司法書士を通さない形であれば特定調停でも出来ます)

その一方で個人再生は専業主婦が行なうことは出来ません。

なぜなら、個人再生は、債務者本人に安定した収入がなければ出来ないからです。

任意整理も、個人再生と同様、借金を減額したり、将来利息をカットしたりした上で、残債を分割返済していく手続きとなります。

しかし、任意整理の場合は、本人に収入がなくても、夫など家族の収入から返済に回することも可能なので大丈夫なのです。

また、自己破産では、借金がチャラとなり、債務整理後の返済もないため、専業主婦でも手続きを行なうことが出来ます。

旦那に内緒で債務整理は可能?

では、専業主婦は旦那に内緒で債務整理を行なうことは可能なのでしょうか?

まず、自己破産の手続きを行なう場合は、裁判所に夫の給与明細書(直近2ヶ月分)や源泉徴収票を提出する必要があるので、そこがネックとなって来ます。

一方、任意整理は裁判所を通さない手続きですし、弁護士や司法書士も守秘義務を守ってくれますので、旦那に内緒で債務整理を行える可能性は高いでしょう。

ただ、任意整理後の返済を、自らパートなどをして支払うのではなく、夫の収入をやりくりする中で支払っていこうとする場合は、将来的なことも考えて、旦那さんに正直に打ち明けて、協力してもらう方が良いのかもしれませんね。

参考記事:旦那に内緒で債務整理するための最も安全な方法とは?

報酬費用の問題

専業主婦が債務整理を行なう際に、もう一つ気を付けないといけないのは弁護士や司法書士に支払う報酬費用です。

弁護士費用は、自己破産の場合、数十万円掛かりますし、任意整理でも債権者1件あたり数万円掛かるのが相場なので、一括で支払いを求められると専業主婦には厳しい時があります。

ですから、弁護士や司法書士に依頼をする場合は、必ず、分割払いなど支払いに対して柔軟に対応しているところへ相談されることをお勧めいたします。

また、専業主婦の借金問題にも専門的に対応してくれる事務所もありますので、そういった事務所へ相談してみるのも良いでしょう。

債務整理をすると夫への影響はある?

専業主婦の中には、債務整理をすると夫に多大な迷惑を掛けてしまい、下手をすれば夫婦関係に深刻なダメージを与えてしまうのではないかと心配する方もいらっしゃいます。

しかし、債務整理はあくまでも本人の問題なので、夫の信用情報に影響が出たりすることはありません

夫がクレジットカードを使えなくなるということもないので、ご安心下さい。

逆に、夫の信用情報は傷がつかないので、債務整理後は、夫に家族カードを作ってもらうと、問題なく使うことが出来ます。

ただ、夫が連帯保証人になっている債務などがあると問題が発生しますので、気になる方は弁護士や司法書士に相談をしながら慎重に進めていって下さい。

参考記事:債務整理をすると配偶者にどんなデメリットがあるのか?

専業主婦の中には旦那に内緒の借金を誰にも相談することが出来ず、闇金からお金を借りて、更なる借金地獄の中にハマってしまう方もいます。

ですから、そのような甘い誘惑は一切立ちつ、最初から弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。