旦那に内緒で債務整理をするためにはどうすれば良いのでしょうか?

実際、内緒で作ってしまった借金は、タイミングを見計らって、旦那に正直に打ち明けることが望ましいと思います。

しかし、借金のことを知った旦那がブチ切れて、離婚しようと言われる可能性もゼロではありませんから、判断が難しいところですよね。

ここでは、そんな時の対処法についてお伝えしていきます。

任意整理なら内緒で出来る可能性が高い

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などがありますが、旦那に内緒で債務整理したい時は、任意整理が最も安全です。

任意整理は、基本的に払い過ぎた利息があれば、その分を減額し、さらに将来利息をカットし、残債を基本的には3年間で分割返済するという手続きです。

任意整理であれば、旦那に内緒で出来る理由には、以下のような点が挙げられます。

裁判所を通さない手続きである

任意整理は債務整理の中で唯一、裁判所を通さない手続きです。

そのため、提出する書類も少なく、旦那の収入を証明するような書類も提出する必要はないのでバレる可能性はグッと下がることが出来ます。

整理する借金を選べる

任意整理では、整理する借金の種類を選ぶことが出来ます

ですから、家族が連帯保証人になっている借金があれば、それを整理の対象外とすることによって、内緒で手続きを進めることが可能です。

本人の収入がなくても手続きが可能

旦那に内緒で借金返済をしてきた女性の中には専業主婦の方もいらっしゃいます。

専業主婦は収入がありませんが、その場合、個人再生は出来ないので、任意整理と自己破産しか選択肢がありません。

自己破産については後述しますが、旦那にバレる可能性が高いです。

しかし、任意整理であれば、収入がなくても、月々の返済額を旦那から預かったお金をやりくりしながら支払うことが可能です。

個人再生や自己破産は旦那にバレる?

債務整理の相談をする際、弁護士や司法書士は守秘義務があるので、相談の段階で旦那にバレることはまずないでしょう。

ただ、実際に手続きを行なう場合、個人再生や自己破産だと旦那にバレる可能性はどうしても高くなってしまいます。

必要書類でバレる可能性がある

個人再生や自己破産では、同居している夫の収入を証明する書類を提出する必要があります。

また、借金の状況によっては、本人だけでなく旦那の通帳のコピーを提出するよう求められることもあります。

その時、旦那から、債務整理以外の目的で必要だとうまく説明して書類をもらわなければなりません

整理する対象の債権者を選べない

自己破産の手続きを行なう場合、すべての借金が整理の対象となります

個人再生でも住宅ローンだけは整理の対象から外すことが出来ますが、それ以外の借金はすべて整理の対象となります。

ですから、旦那や家族が連帯保証人になっている借金があると、債務整理をした段階で残債が連帯保証人に一括請求されて、そこでバレてしまいます。

まずは旦那に内緒で債務整理の無料相談を

夫婦間では出来るだけ秘密を作らない方が後々良いことも多いです。

旦那に内緒の借金を作っていると、万が一バレた時、夫婦間にもたらすダメージは大きいからです。

ただ、最終的に借金のことを旦那に打ち明けるかどうかは、具体的にどういった解決策があるかを知ってから判断いても遅くはありません

実際、借金問題の相談だけであれば、法律事務所やどこかの窓口に行かなくても、電話やメールで行なうことが出来ます。

ですから、まずは、旦那に内緒で債務整理の相談をするところから始めてみることをお勧めいたします。