借金減額シュミレーターを利用すると借金を一気に減額できることが分かります。

ただ、その一方で、やはり気になるのは、

「借金をここまで一気に減額できるのはいいけれども、何かデメリットがあるのではないか?」

ということではないでしょうか。

そこで、ここでは借金を一気に減額するデメリットについてお伝えしていきます。

借金減額のデメリット

借金減額シュミレーターを使って、どれくらい借金を減らせるか診断する際、具体的には債務整理という方法を利用した場合、どうなるかチェックすることになります。

ですから、借金減額のデメリットは債務整理のデメリットと同じことです。

債務整理は、弁護士や司法書士に依頼した場合、任意整理、個人再生、自己破産のいずれかの方法から選択をするようになります。

それぞれのメリットとデメリットを比較すると以下のようになります。

任意整理のメリット・デメリット

メリット

  • 裁判所を通さすに手続きが出来る(内緒にしやすい)
  • 過払い金が発生していれば、その分、借金を減額できる
  • 将来利息をカット出来る
  • 整理する債権を選べる
  • 費用が比較的安い(債権者一件あたり数万円程度)
  • 手続きが比較的に簡単
  • 官報に記載されない

デメリット

  • 約5年間はブラックリストに載る
  • あまり借金が減額されない場合もある
  • 任意整理に応じてくれない会社もある

個人再生のメリット・デメリット

メリット

  • 借金を約5分の1に減らすことが出来る
  • 住宅ローンを守ることが出来る

デメリット

  • 約5年間~10年間はブラックリストに載る
  • 住宅ローン以外は全ての債権を整理の対象としなければならない
  • 手続きが複雑
  • 官報に個人情報が載る
  • 費用が高い(約50~60万円)

自己破産のメリット・デメリット

メリット

  • 借金を全てチャラにすることも可能

デメリット

  • 全ての債権を整理の対象としなければならない
  • 自己破産後、約5年~10年間は新たな借入れが出来なくなる
  • 一定以上の基準を満たす財産は手離す必要がある
  • 免責が確定するまで制限される職業や資格がある
  • 免責が確定するまで住所移転や旅行が制限される
  • 官報に個人情報が載る
  • 費用が高い(約50万円)※管財事件になった場合は20万円または50万円以上がプラス

このように見てみると、任意整理→個人再生→自己破産の順番で、借金を減額できる額は増えていきますが、同時にデメリットも増えていくということがお分かり頂けるかと思います。

借金を減額するメリットとデメリットをどう考えるか?

このように、借金を減額することは、メリットだけでなく、デメリットもあるので、そのことは事前にしっかりと認識しておく必要があります。

そして、あとは、メリットとデメリットを比較してみて、トータル的にどの選択をするのか判断されると良いでしょう

確かに、債務整理をすると、どの方法でも信用情報機関に事故情報が登録されてブラックリストに載った状態になってしまいます。

そのため、約5年~10年間は、クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンが組めなくなったりしてしまいます

また、個人再生や自己破産をする際、車のローンなどが残っていると車が引き上げられる可能性が高くなります。

しかし、その一方で、借金の額が100万円以上減ったり、本来、完済するまでに払うべきであった数十万円~100万円以上の利息を払わずに済むようになったりすれば、あなたはどちらを選択しますか?

もちろん、今の借金の状況や生活環境によって、判断基準は変わって来るかと思います。

ただ、自分が持てる選択肢を知っておくだけでも、心の余裕が生まれてくるものです。

ですから、実際に借金をどれくらい減らせるか知りたい方は、借金減額シュミレーターを使って、診断をしてみて下さい。