任意整理をするとブラックリストに約5年間載ってしまうことになります。

では、その状態が解除されるまで、どれくらい掛かるのでしょうか?

ここでは、ブラックリストの意味についても解説をしていきながら、解除されるまでの期間や解除されたかチェックする方法をお伝えしていきます。

ブラックリストってそもそも何?

「債務整理をするとブラックリストに載る」とよく言われますが、ブラックリストというリストそのものがあるワケではありません

ブラックリストに載るということは、具体的には信用情報機関に事故情報が登録された状態を言います。

信用情報機関は、以下の3つの機関があります。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

そして、任意整理をした場合は、以下のような形で、ブラックリストに載る(信用情報機関によっては載らない場合もあります)ことになります。

JICC(株式会社日本信用情報機構)でのブラックリスト

JICCでは、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)を行った情報が、“当該事実の発生日から5年を超えない期間”、登録されます。

つまり、JICCのブラックリストに事故情報が登録されれば、解除されるまで約5年間、掛かってしまうことになります。

CIC(株式会社シー・アイ・シー)でのブラックリスト

CICでは、任意整理を行った情報が、CICに直接記録されることはありません。

ただ、任意整理をする前に、借金の返済が出来ず、延滞をしていた場合は、延滞の有無や延滞解消日が、“契約期間中および契約終了後5年以内”の範囲で登録されてしまいます。

つまり、任意整理をしても通常はCICのブラックリストに載ることはないのですが、もし、延滞・滞納をしていた場合は、ブラックリストに載ることになります。

そして、契約終了後、つまり任意整理後に支払いを続けて完済をしてから、約5年間、ブラックリストの状態から解除されない可能性があるので、ご注意下さい。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)でのブラックリスト

KSCでも任意整理を行った情報は基本的に登録されません。

しかし、もし、銀行からの借金を任意整理した場合、銀行が、保証会社から代位弁済を受けることがあります。

その場合、代位弁済を受けた記録が、“契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間”、残ってしまうことになります。

つまり、その場合は、任整整理後に支払いで完済をしてから5年以内の範囲で、ブラックリストから解除されない可能性が出来ます。

ですから、銀行のカードローンや住宅ローンなど、銀行からの借金がある場合はご注意下さい。

ブラックスト状態から解除されたか確認する方法

上記の情報をまとめると任意整理をした場合、ブラックリストの状態から解除されるまで

  • 延滞などをしていなければ通常は最大で5年間
  • 延滞をしていれば任意整理後に完済をしてから最大で5年間
  • 銀行が代位弁済をした場合は任意整理後に完済をしてから最大で5年間

掛かってしまいます。

しかし、逆の見方をすれば、任意整理をした場合でも、これだけ期間が過ぎれば、あなたの信用情報は自動的に回復することになるのです。

また、実際にブラックストの状態が消えるまで、どれくらい掛かるかは、債権者の対応などによって変わって来る場合があります。

ですから、任意整理後のブラックリスト状態が続いているか、あるいは解除されたかを知りたい方は、信用情報機関に情報開示請求することによって、調べることが出来ます。

費用も1,000円程度で出来ますので、ブラックリストに自分の情報がいつまで残るのか気になる方はチェックしてみて下さい。

社内ブラックリストにご注意

ただ、任意整理をした際、整理の対象にした債権者(貸金業者)には社内ブラックリストという形で、あなたの情報が登録されてしましいます。

社内ブラックリストに登録されてしまうと、途中で解除されることがなく、いつまでも残り続ける可能性が高いです。

ですから、任意整理で信用情報が回復した後も、お金を借りる場合は、任意整理の対象としなかった貸金業者を選ぶようにして下さい。

任意整理はブラックリスト状態が解除されるのが早い

5年という期間を聞いて、ブラックリスト状態が解除されるまでの期間が長いのではと思う人がいるかもしれません。

しかし、個人再生や自己破産を行った場合は、ブラックリストから消えるまで最大で10年間掛かることもあります

その点、任意整理は、信用情報が回復しやすい手続きですので、債務整理を検討される場合は、まずは任意整理で解決出来ないか検討されることをお勧めいたします。