任意整理を弁護士に依頼をしたけれども、弁護士費用の支払いが遅れそうというケースも時には出て来ます。

そんな時、待ってもらうことは可能でしょうか?

また、延滞してしまった場合は、どうなってしまうのでしょうか?

弁護士に借金相談をすると基本的に対応してくれますが、ボランティアでやっている訳ではないので未払いの状態が続くと、ちょっとマズイことになります。

ここでは、そういった事態を避けるための対処法も含めて解説をしていきます。

弁護士費用の相場

任意整理を弁護士に依頼する場合、弁護士費用の相場は、

  • 着手金+成功報酬:債権者1件あたり数万円
  • 減額報酬:減額した額の10%

というのが基本的な相場です。

ですから債権者が4件ある場合、弁護士費用は約20万円+減額報酬ぐらいだと見ておくと良いでしょう。

弁護士費用を支払うタイミング

任意整理をすると弁護士が債権者に対して受任通知を送りますが、そのタイミングで債権者からの取り立てや催促が止まるだけでなく、月々の支払いも一時的にストップします

その後、各債権者と交渉を行って、和解が成立した後、新しい条件の下で債権者への支払いが再開されますが、それまでの期間が大体3~6ヶ月となります。

弁護士費用は、着手金が設定されていれば、その分を先に支払うことになりますが、成果報酬や減額報酬は和解が成立した後に支払うことになります。

ただ、そこで一括して支払おうとすると、和解後の返済と重なり、支払いが困難になってしまう可能性があります。

ですから、任意整理後の返済が再開される3~6ヶ月の間に、積立金という形で弁護士費用を分割払いをしていくケースが多くなっています。

弁護士費用は待ってもらうことは可能?

しかし、中には分割払いが出来ず、延滞しそうになってしまう方もいらっしゃいます。

実際、弁護士費用が遅れそうな時は、待ってもらうことも可能なのでしょうか?

いろいろな体験談を見てみると、少しぐらいであれば、待ってもらうことが可能というケースは多いようです

弁護士費用の分割費用を払うのもきつく、一ヶ月半分だけとか、一ヶ月待ってもらって二ヶ月分まとめて払うというような振り込み方をしていて、先月は家計が厳しいため、半分にしてもらいました。

支払日の今日、月末の分の弁護士費用を払えなくなってしまったのですが、
週明けの着金でも大丈夫ということでした。

弁護士費用の支払いが遅れそうな場合のルールは、法律で決まっているわけではないので、弁護士事務所ごとによって対応が変わります。

実際、ここら辺は人ありきの世界なので、いつまでにどれくらいであれば支払いが出来るかどうかを明確にした上で、弁護士に相談することが大切です。

分割払いで費用を延滞するとどうなる?

このように、弁護士費用の支払いが遅れそうな場合、多少であれば、待ってもらえる時もありますが、滞納期間が長くなってしまうと、最悪は弁護士を辞任されてしまうケースも出て来ます。

弁護士が辞任をしてしまうと、それまで一時的にストップしていた債権者への支払いだけでなく、債権者から取り立てや催促も再開することになります。

弁護士費用の支払いは、もちろん、弁護士がきちんと業務を行なうためにも必要です。

ただ、それと共に、債務者が任意整理後もきちんと返済を続けていけるかチェックする上でも重要な指標となります。

ですから、もし、積立金の分割払いも支払えず、延滞してしまう場合は、任意整理の手続きを行なうことが難しいと判断されてしまうのです。

弁護士費用の延滞を避けるために

では、弁護士費用を延滞して、辞任されてしまうという最悪の事態を避けるために、どういった対処法があるのでしょうか?

家族や親族にサポートをしてもらう

任意整理の手続きを開始すると、信用情報機関に事故情報が約5年間登録されて、ブラックリスト状態になるので、その期間は新たな借金が出くなくなります。

そのため、弁護士費用の支払いが遅れそうになっても、銀行や消費者金融からお金を借りて対応することは出来ません。

ですから、そんな時は、家族や親族にサポートをしてもらえないかお願いをするのも一つの方法です。

司法書士を選ぶのも一つの選択肢

任意整理の場合、一般的に弁護士よりも司法書士の方が、報酬費用は安くなります。

個人再生や自己破産だと、司法書士では対応できる業務に制限が生まれてしまうので、弁護士の方が有利なケースが多いです。

しかし、任意整理であれば弁護士でも司法書士でも対応業務の範囲は基本的に変わらなくなるので、任意整理の方が費用が安い分、メリットが大きくなりやすいと言えます。

無料相談でしっかりシミュレーションを立てる

弁護士費用を延滞しそうになれば、すぐに弁護士に相談することも大切ですが、もっと大切なことは、債務整理を依頼する前の段階で相談をしておくことです。

債務整理を行なう場合、事前の相談の段階では費用は一切掛からないケースがほとんどです。

ですから、無料相談で、弁護士費用の支払いも含めて、延滞しないための支払いのスケジュールを事前にしっかり立てておくことをお勧めいたします。