任意整理は、一部の借金のみ対象することが出来るというメリットがあります。

しかし、任意整理中に、そのシステムを逆に利用して、任意整理の対象にしていないクレジットカードで増額申請をして、余裕を作れないかと考える人もいらっしゃいます。

確かに、増額が可能であれば、いざお金が足らない時に対応が出来るという考え方もありますが、実は、任意整理中の増額申請は、かなり危険です。

ここではその理由についてお伝えしていきます。

任意整理中の増額申請が危険な理由

任意整理の手続きを行なうと、約5年間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、その期間は、新たな借入れをしたり、クレジットカードを作ったりすることが出来なくなってしまいます。

そして、クレジットカードの増額申請をした場合も、クレジットカード会社は、審査の際に、信用情報を照会するので、事故情報があることが分かると、基本的に審査に落ちてしまうのです。

クレジットカード自体が使えなくなるリスクも

増額申請が却下されるだけであれば、まだ良いと言えるでしょう。

なぜなら、その際、クレジットカード会社に、あなたがブラックリスト状態にあることが分かってしまうと、クレジットカード自体が強制解約になってしまうリスクが高いからです。

実は、増額申請をしなくても、クレジットカード会社は、途上与信や更新の際に、信用情報機関に情報を照会しますので、そのタイミングでカードが使えなくなってしまう可能性は高いです。

参考記事:任意整理で外したクレジットカードは何で強制解約なの?

ですから、増額申請は、強制解約のタイミングを早める結果にもなりかねないのです。

弁護士や司法書士に辞任されるリスクも

もし、任意整理中に増額申請をして、そのことが弁護士や司法書士にばれたとします。

弁護士や司法書士としては、せっかく借金の減額交渉を行っているのに、その一方で、依頼者が別のところから、お金をさらに借りようとすると、本当に借金問題を解決しようと考えているのか疑われます。

最悪の場合は、弁護士や司法書士が辞任することもあるので、気を付けなければなりません。

任意整理以外の方法も検討してみる

任意整理中に、クレジットカードの増額を考えてしまうということは、任意整理での手続きが難しいことを意味しているのかもしれません。

ですから、その場合は、個人再生や自己破産など、任意整理以外の債務整理の手続きを検討してみるのも一つの方法です。

もちろん、個人再生や自己破産では、基本的にすべての借金を整理の対象としなければならない(個人再生は住宅ローンのみ対象から外せる)というデメリットもあります。

しかし、任意整理に比べれば、借金の減額幅は大きいというメリットがあります

決して、クレジットカードの増額に頼らざるを得ないような返済計画ではなく、今の返済能力でもより確実に返済していくことが出来る方法を弁護士や司法書士によく相談しながら決めていくと良いでしょう。