任意整理をすると、スマホ契約が一体どうなってしまうのか心配する方がいらっしゃいます。

万が一、スマホ契約が解約になってしまったり、機種変更や新規契約が出来なくなってしまったら、困ってしまいますよね。

ここでは、任意整理とスマホ契約の関係を整理してお伝えしていきます。

任意整理をするとスマホ契約はどうなる?

任意整理をするとスマホ契約がどうなるかは、滞納をしているかどうかによっても対応が異なります。

滞納していない場合

もし、現在のスマホ契約で滞納をしていなければ、任意整理をしても解約になることはないので、そのまま引き続き使い続けることが出来ます

ただ、携帯電話料金をクレジットカード払いにしている場合、クレジットカード自体が、任意整理の対象にするしないに関係なく、いずれ使えなくなってしまうので、口座引落しなどに変更する必要があります。

任意整理で外したクレジットカードは何で強制解約なの?

機種代の分割払い中でも大丈夫?

任意整理を検討している方の中には、機種代を分割払い中だと、解約になってしまうのではないかと心配する方もいらっしゃいます。

確かに、スマホの機種代の分割払いは、割賦契約で、ローン契約の一種となるので、影響が出るように思われるかもしれません。

しかし、任意整理は個人再生や自己破産と違って対象とする借金を選べるので、機種代の分割払いがあっても、それは外せば良いだけの話です。

滞納している場合

しかし、その一方で、スマホ料金の支払いの滞納を続けていると、その行為自体によって強制解約になる可能性があるので、延滞分は早めに払うようにしましょう。

また、もし、スマホ契約の滞納分を任意整理の対象にする場合は、強制解約となります

実際、スマホ契約の滞納を続けていると、

  • 延滞利息・遅延損害金が発生する
  • 強制解約後、一括請求をされる
  • 訴訟を起こされる

というリスクが発生します。

しかし、任意整理の対象にすれば、これらのリスクを回避出来ますので、携帯電話を一時的に使えなくなっても問題ないという方は、滞納分を任意整理の対象にするのも一つの方法です

任意整理後のスマホ契約(機種変更・新規契約)は可能?

次に、任意整理後にスマホの機種変更や新規契約をする場合の注意点についてです。

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が約5年間登録されてしまうため、その期間はローンなど新たな借入が出来なくなってしまいます。

ただ、その場合でも、スマホの回線契約自体は新規で行なうことが可能です。

その理由は、ドコモ、au、ソフトバンクなど携帯電話会社は、信用情報機関の事故情報を照会しないからです。

携帯電話会社は、一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)に加盟しており、そこでは、携帯電話料金の滞納・未払い情報などを管理しています。

もし、携帯電話料金の支払いを延滞していると、回線契約が出来なくなってしまいますが、滞納をしていなければ問題なく契約が出来ます。

機種代の分割払い(割賦払い)は出来ない

しかし、任意整理後のスマホ契約では一つ出来ないことがあります。

それは、新規契約や機種変更をする際に、スマホの機種代を分割払い(割賦払い)で支払う契約をすることです。

この場合は、信用情報機関の事故情報を照会することが、2010年に施行された改正割賦販売法で義務付けられているため、審査に落ちてしまいます。

10万円以下であれば、審査は緩くなる

ただ、スマホの機種代金が、10万円以下であれば、審査の基準は緩くなると言われています。

その理由は、経済産業省が改正割賦販売法について説明したページに以下のような内容が記載されているからです。

家電や携帯電話など、店頭販売であって、比較的少額(10万円以下)の生活に必要な耐久消費財に係る個別クレジット契約については、延滞していないこと等を確認することを条件に、支払可能見込額調査を行いません。

つまり、スマホの機種代が10万円以下の場合は、支払可能見込額調査が行なわれないため、任意整理後の人でも審査に通る可能性があると言われています。

任意整理後に機種変更や新規契約をする条件

ですから、任意整理後にスマホの機種変更や新規契約をする場合は、以下のいずれかの方法を選ぶと良いでしょう。

  • 機種代を現金一括払いで支払う
  • 10万円以下の機種代を選ぶ
  • 中古のスマホを購入する

ただし、機種代が10万円以下であっても確実に割賦払い(分割払い)が出来るワケではないので、その点はご注意下さい。

中古のスマホであれば、安ければ1万円で販売しているものもありますので、価格.comなどをチェックしてみると良いでしょう。

まとめ

任意整理をすると、スマホが使えなくなるのではと心配する方もいらっしゃいますが、滞納をしていなければ、問題は発生しません。

(ただし、滞納をしていて、かつ滞納分を任意整理の対象にする場合は、強制解約となります)

しかし、任意整理後は、約5年間、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうため、スマホの機種変更や新規契約を行おうとする際、機種代を分割払いにしようとすると、審査に落ちてしまいます。

ただ、そういった場合でも、中古などの安いスマホを選んだり、一括払いで購入したりすれば、スマホを持つことは可能です。

つまり、条件次第では、スマホは問題なく使い続けることが出来ますので、あとは弁護士や司法書士にも相談しながら、手続きを進めてみて下さい。