個人再生をすると、ドコモ携帯(スマホ)の分割購入の審査に通るのが難しいと一般的には言われています。

スマホは機種代金が高額ですし、分割返済が出来なければ何かと大変かと思います。

ただ、いろいろ調べてみると、ドコモ携帯の分割審査に通ったという人もいるのですが、審査に通るには何かポイントがあるのでしょうか?

個人再生中のドコモ分割審査は難しい

まず、原則論からお伝えすると、個人再生中にドコモの分割購入の審査に通るのは、難しいです。

その理由は、個人再生をすると信用情報機関に事故情報が約5年~10年登録されてしまい、ブラックリスト状態となるからです。

ドコモの分割払いをする場合、信用情報機関の情報が照会されることは、ドコモの公式HPにも明記されています。

「個別信用購入あっせん契約(ドコモの分割払い)」のお申込みをされた場合、割賦販売法の規定により、お客様の個人信用情報を経済産業省の指定する「指定信用情報機関」に登録いたします。登録する情報は、お客様のお名前や住所などの属性情報、当社と締結された「個別信用購入あっせん契約」の内容、ならびにお客様のお支払状況などです。

ここで、経済産業省が指定する指定信用情報機関とは、CICとなります。(割賦販売法第35条の3の36第1項)

ですから、分割購入の審査で、CICの信用情報が照会された際、個人再生をしたことが分かってしまうと、審査に落ちる可能性が高いということになります。

>>個人再生後は携帯電話の機種変更が出来ない?対処法はある?

ドコモ携帯(スマホ)の分割審査に通った人もいる

しかし、その一方で、以下のように、個人再生後にドコモ携帯の分割審査に通ったという方もいらっしゃいます。

個人再生全ての支払い後(3年)からプラス1年経過後、ガラケーから最新スマホ本体価格8万円の24回分割払い審査に通過(CICに信用情報でネガティブ情報がまだ載っているにも関わらず)

自己破産後にドコモ携帯の分割審査に通った人も

また、以下のように個人再生よりも、さらに対応が厳しくなると思われる自己破産をした人でもドコモの分割審査に通ったというケースもあるようです。

直近自己破産をされた方、いわゆるブラックな方でも今回ドコモでiPhoneの分割審査を通過してるのを見受けられましたが、その方は他社はもちろん、ドコモにも過去に一切迷惑をかけていない方です。

個人再生中にドコモの分割購入の審査に通るには?

個人再生をすると一定期間は、ドコモの分割購入の審査に通るのが厳しくなってしまうというのも事実です。

ただ、事例を見てみると、事故情報があるからといって必ず、ドコモの審査に落ちるという訳ではなく、他の要素も含めて総合的に判断されるというのが実情のようです。

具体的には、以下のような面でカバー出来ているとドコモの分割審査に通る可能性は出て来るようです。

  • ドコモの契約年数が長く、過去に未払いがない
  • 他のキャリアでも契約していた時も料金を滞納していない
  • 店頭ではなくオンラインショップで購入する(オンラインの方が分割審査が甘いと言われているようです)
  • 10万円以下の機種を選ぶ(経済産業省は10万円以下のものであれば、支払可能見込額調査を行なわないと言っています)

auやソフトバンクは、個人再生後の分割審査には厳しいという話もありますが、ドコモは審査に比較的に通りやすいという話もあります。

(ただ、それでも個人再生後のドコモの分割審査は厳しいことに変わりはありませんので、あくまでも自己責任でお願いいたします)

個人再生をする際の携帯の契約について

個人再生をする際、ドコモ携帯のスマホの支払いが分割中の場合は、解約になってしまうのはないかと心配する方もいらっしゃいます。

しかし、実際は、解約にならないケースも多いとも言われています。

分割中の場合は、残債が債務となってしまいますが、生活必需品として扱ってもらうことによって、スマホを引き続き使うことも可能です。

弁護士も以下のような見解を出しています。

携帯電話会社について、個人再生申立の際に、債権者に含めなければ、解約させられることはありません。

例えば、電気・ガス・水道などの料金やガソリン代などは生活に必要なため、定期的に支払っていると思いますが、携帯電話についても、それに近い取り扱いをしてもらえるのではないかと思います。
そのため、債権者に含めなければ、解約にはならないでしょう。

>>個人再生をする時に携帯電話が分割払い中だと解約!?

ただ、携帯電話料金を滞納している場合は、解約のリスクも出て来てしまいますので、その点は十分ご注意下さい。

まとめ

個人再生中の場合、携帯の分割払いの契約をすることは基本的には難しいです。

しかし、ドコモの場合は、条件次第で、審査に通る可能性がありますし、実際に審査に通ったという方もいらっしゃいます。

また、これから個人再生しようとする方が、携帯電話(スマホ)の支払いが分割中であった場合でも、滞納をしていない限り、解約になる可能性は低いです。

ですから、個人再生をする際は、携帯電話をどのように所有していくのかという点も含めて、弁護士や司法書士に相談されることをお勧めいたします。