個人再生をした場合、その後、問題になってくることの一つがクレジットカードが使えなくなってしまうということです。

では、その場合、家族カードであれば、作ることは出来るのでしょうか?

ここでは、家族カードも含めたクレジットカード対策についてお伝えしていきます。

個人再生でも家族カードの利用は可能

個人再生を行なうと信用情報機関に事故情報が5年~10年登録されて、ブラックリスト状態になってしまうので、その期間は、クレジットカードを新規で作ることが原則として出来なくなります。

しかし、その場合でも、家族カードであれば基本的に問題なく作ることが可能です。

家族カードは主たる契約者の信用情報に基づいて発行されるもので、原則として審査は行なわれないからです。

個人再生を行った場合でも、家族の信用情報には一切影響は出ません

ですから、家族の信用情報に問題がなければ、家族カードは基本的には発行されます。

個人再生を行ったクレジットカード会社には要注意

家族カードを発行する際、家族カードの利用者の信用情報が照会されることはありません。

ただ、そのクレジットカード会社で以前クレジットカードを持っていて、そのカードを個人再生の対象にしていた場合は例外です。

なぜなら、その場合、クレジットカード会社の社内ブラックリストに載ってしまい、家族カードの作成が拒否されてしまう可能性が高いからです。

家族カードの使い過ぎに注意

個人再生後に家族カードを作れると言っても、使い過ぎには注意する必要があります。

なぜなら、家族カードは、主たる契約者の信用情報に基づいて作られているため、個人再生を使う前のペースで家族カードを使い続けると、今度は、主たる契約者である家族の返済がキツクなってしまうからです。

ですから、個人再生後は、デビットカードを利用するというのも一つの方法です。

デビットカードであれば、利用した段階で、すぐ銀行口座からお金が引き落とされるので、借金という形にはならないからです。

また、デビットカードであれば、審査は行なわれないので、個人再生後であったとしても本人名義で作成が可能です。

参考記事:個人再生中はデビットカードを有効活用しよう!

個人再生は家族と弁護士の協力を得ながら

個人再生を行った場合でも、家族カードがあれば、クレジットカードがまったく使えなくなるという事態を避けることが出来ます。

ただ、家族カードを使う場合は、家族の理解と協力を得られることが大前提です。

ですから、個人再生をする場合は、弁護士に相談をして、個人再生後の返済プランを明確にした上で、家族にも相談をしながら進めていって下さい。