借金の返済がキツイと、いっそのこそ死にたくなるような時ってありますよね。

ただ、自分が死んだら借金は一体どうなってしまうのか、気になりませんか?

残された家族に返済義務が発生することはあるのでしょうか?

借金も相続の対象

実は、借金も財産・資産と同様に妻や子供などの法定相続人に対して相続の対象になります

クレジットカードの未払い分も相続の対象に含まれます。

そのため、家族が何も手続きをせず、普通に相続をすれば、家族に対して返済義務が発生してしまいます。

ただ、家族だって借金を相続するのは嫌ですよね。

ですから、そういった場合は、被相続人が亡くなり、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内であれば、相続放棄をすることが可能です。

相続放棄をする場合は、最寄の家庭裁判所に

  • 相続放棄申述書
  • 相続放棄をする人の戸籍謄本
  • 亡くなった方(被相続人)の住民票の除票

などを提出して手続きを行ないます。

また、この場合は、借金だけでなく財産も相続する権利を放棄することになります。

相続人に与えられる3つの選択肢

実際、死んだ人が財産と借金のどちらをたくさん持っているかによって判断が分かれる場合もあるので、相続人は3つの選択肢からどれが良いか決めることになります。

  • 単純承認:財産も借金も全て相続
  • 限定承認:財産が借金よりも多ければ、その分を相続
  • 相続放棄:財産も借金も相続を放棄

もし、借金があっても、それ以上に財産があれば、単純承認が良いということになります。

財産と借金のどちらが多いか分からない場合は、限定承認を選ぶのも一つの選択肢です。

ただ、限定承認は相続人全員の合意が必要となりますし、財産目録を作成したりするなど、手続きが面倒でもあるので、利用する人はそれほど多くありません。

また、もし、3ヶ月以内に相続放棄や限定承認の手続きを行なわなければ、単純承認ということになり、すべての借金が相続されることになります。

アイフルやアコムなどの消費者金融では、過去に利用者が利息を払い過ぎていた場合、借金が既になくなっていると見なして、契約者が死亡した段階で、契約終了と見なすケースもあるようですが、それは稀なケースです。

ですから、相続人が借金の返済義務を放棄したい場合は、相続放棄の手続きをキチンと行なうことが大切です。

住宅ローンは相続されないケースがほとんど

その一方で、住宅ローンは、団体信用生命保険(団信)に加入している人が多いですし、民間の銀行の住宅ローンでは団信に加入することが住宅ローンを組む上での必須条件になっていることが多いです。

団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者が死亡したり、高度の障害者となったりして、ローンの返済が難しくなった場合に、保険会社がローンの残債を肩代わりしてくれるサービスです。

ですから、団信に入っていれば、あなたが死んでも、家族に住宅ローンの返済義務が発生することはありません。

また、残債はすべて保険会社が支払ってくれるので、家には家族がそのまま住み続けることが出来ます。

ちなみに以前はアコムやアイフルなどの消費者金融も団体信用生命保険を利用していました。

しかし、債務者が死亡すると借金がチャラになるシステムは、自殺をして、命と引き換えに借金を返済するという風潮を助長するという指摘があり、現在は廃止されています。

借金は生きている間に精算を

「自分が死んだら借金はどうなるのか」と考える人は、ある意味、非常に責任感の強い方なのだと思います。

ただ、残された家族に、何も財産を残せずに、家族も悲しみも共に相続放棄の手続きをすることは、やはり惨めな気持ちになりませんか?

ですから、借金が死んだらどうなるか考えるよりも、生きている間に、借金問題を解決してしまう方が、遥かに家族に喜ばれます

確かに、今の借金は生きている間は、絶対返せないと思ってしまうかもしれません。

しかし、弁護士や司法書士を通じて、債務整理の手続きを行えば、合法的に借金を減らすことが可能です。

生きている間に借金を完済することが出来れば、多少なりとも家族に財産を残すことが可能です。

そのような前向きな人生を検討してみてはいかがでしょうか?