クレジットカードが返済できないと、どうなってしまうのでしょうか?

もちろん、手元にお金があれば、すぐにお金を支払って解決するという方法もあるでしょう。

ただ、そうではない場合は、キャッシングでお金を借りてクレジットカードの返済に回そうとする人もいますが、それは本当に危険です。

クレジットカードの支払いが遅れるとどうなる

クレジットカードの支払いが遅れるといっても、中には引落し用の口座にお金を入れていなかったからという時もあります。

そういった時は、クレジットカード会社から電話が来たり、催促の書面が届いたりした段階で、

  • 指定の振込用紙で支払いを行なう
  • 銀行振込みで支払う
  • 再度、引落しをしてもらう

などの方法で支払うことになります。

また、クレジットカードで返済が遅れると、引落し日の翌日から、遅延損害金が発生するので、出来るだけ支払うようにしましょう。

(クレジットカード会社によっては、遅延損害金が掛かるまで猶予期間が与えられる場合もあります)

返済は1回でも遅れると利用停止!?

クレジットカードは、ある意味、生活必需品になっている人も多いですから、利用停止になると、大変ですよね。

では、返済が1回でも遅れると利用停止になるかという点についてですが、これはカード会社によってバラツキがあります。

最短だと、引き落とし日の翌日にはカードが利用停止になることもあるので、その場合は、こちらからすぐにカード会社へ連絡してお金を支払うようにしましょう。

また、支払いの遅れが2回以上続いた場合は、利用停止になる確率は非常に高くなるので、ご注意下さい。

クレジットカードがどうしても返済できない場合

しかし、中には手元にお金がなかったり、他にも借金がいろいろあって、支払日が間近に迫っていることが分かっても、返済が出来ない時もあります。

そんな時は、早めにクレジットカード会社に連絡をして相談をすることが大切です

支払日前であれば分割払いも可能

クレジットカードの支払いが出来ない場合、支払日前であれば、

  • 分割払い(あとからリボ払い)
  • ボーナス一回払い

のいずれかで対応をしてもらうことが可能です。

ただ、引き落とし日直前だと、支払い方法の変更が出来なくなることもありますのでご注意下さい。

また、引き落とし日を過ぎて滞納した状態になってしまうと、基本的に支払い方法の変更は出来なくなります

ですから、あとはクレジットカード会社に交渉をして誠意を持って事情を伝え、分割払いなどで個別に対応してもらえないか、交渉をしてみる必要があります。

キャッシングで対応するのは危険

クレジットカードの返済が出来ない場合、消費者金融やクレジットカードでキャッシングをして、支払いに回そうとする人がいますが、それは本当に危険です。

なぜなら、このようなケースでの金利は利息制限法ギリギリの18%であることがほとんどだからです。

そして、翌月以降は、クレジットカードの返済プラス、キャッシングの返済となり、支払い負担がさらに増えてしまいます。

下手をしたら、それをきっかけに多重債務状態に陥ってしまうリスクもあります。

クレジットカードの滞納を続けると

では、クレジットカードの返済が出来ず、滞納の状態が続いた場合はどうなるのでしょうか?

もし、カード会社から電話や書面での催促が来ても支払わないと、滞納が61日以上~3ヶ月になった段階で、信用情報機関に事故情報が登録されて、いわゆるブラックリスト状態となります。

クレジットカード会社は基本的にCICという信用情報機関に加盟していますが、そこで、”返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの”が異動情報として登録されると記載されています。

また、滞納が続くと、当然、クレジットカードは強制解約となり、残債を一括請求されてしまいます。

それでも催促の連絡を無視していると、裁判所を通じて以下のような流れになる場合があります。

  1. 支払督促が送られてくる
  2. 2週間以内に異議申し立てを行なわないと仮執行宣言付支払督促が来る
  3. 2週間以内に異議申し立てを行なわないと強制執行される
  4. 銀行や給料が差し押さえの対象になり、会社にバレる可能性も

という流れになります。

参考記事:仮執行宣言付支払督促が来たら強制執行前にすぐやるべきこと

返済が出来ない場合は弁護士や司法書士に相談を

もし、クレジットカードの返済がどうしても出来ない場合は弁護士や司法書士に債務整理の相談をするのも一つの方法です。

弁護士や司法書士へ相談をいうと、自己破産の手続きを考える人も多いかもしれません。

しかし、債務整理には自己破産以外にも任意整理や個人再生の手続きもあります。

例えば、任意整理であれば、将来利息をカットして、元本だけを返済するという方法でも手続きが可能です。

もちろん、弁護士や司法書士に債務整理を依頼した場合は費用も発生するので、まずは無料診断を受けてみて、やってみる価値があるかどうか判断するのも良いでしょう。

また、債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が登録されて、約5年~10年間は、クレジットカードが使えなくなってしまうというデメリットがあります。

ですから、その期間はデビットカードや家族カードを使って対応すると良いでしょう。

債務整理に強い弁護士や司法書士に相談をすれば、いろいろなアイデアがもらえるかと思いますので、まずは気軽に相談をしてみて下さい。