借金返済方法の極意

借金返済方法には極意があります。

極意は、別名、奥義とも呼ばれますよね。

ですから、ここで紹介する方法は、世間一般的に言われている方法とは少し違います。

極意じゃない普通の借金返済方法

いわゆる一般的な借金返済方法は以下のようなものがあります。

  • 借金癖を克服してこれ以上、借金をしないようにする
  • 節約をしまくって支出を減らす
  • 副業をして収入を減らす
  • おまとめローンに借り換えをして月々の返済額を減らす

これらの方法はいわゆる自力返済と呼ばれるやり方です。

自力返済で返せれば、達成感が大きいですし、誰にも迷惑を掛けずに済むというメリットもあります。

もちろん、自力返済が可能であれば、どんどん上記の方法を実践すれば良いかと思います。

しかし、借金返済方法の極意に関心がある人は、普通の方法だとダメだから、極意を知りたいと思ったんですよね!?

借金の金額がそれほど大きくなければ自力返済をどんどん実践すべきですが、それが難しい場合は人生が行き詰ってしまいます

実際、借金返済方法の極意が分からない人が多いから、自殺をする人達の中で経済問題が理由だった人が2番目に多いという現状が生まれてしまうのではないでしょうか?

借金返済方法の極意とは?

では、ここからが本題ですが、借金返済方法の極意とは・・・

ずばり債務整理です。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産と大きく分けて3つの手続きに分かれます。

自己破産に対する誤解

債務整理という言葉は知らなくても、「自己破産なら知っているよ」という人は多いかと思います。

ただ、自己破産という言葉は知っていても、自己破産について正しく理解している人は、意外に少なかったりします

例えば、自己破産をすると、

  • 財産を身ぐるみ剥がされる
  • 旅行へ行けなくなる
  • 一生お金を借りられなくなる
  • 会社を辞めさせられる
  • 選挙権がなくなる

というような変な誤解や偏見を持っている人が多いです。

そして、そんな間違ったイメージが、自己破産することを躊躇させて、益々、借金解決の道を遠ざけてしまっている実情があります。

しかし、自己破産の究極的な目的は、借金から抜け出せなくしまった人を救って上げて、借金がなかった頃の元の生活を取り戻して上げることです。

ですから、弁護士や司法書士の専門家を通じて自己破産の手続きを行えば、会社や近所の人達に知られず、借金問題を解決することは十分可能なのです。

実はあなたの借金は大幅に減らせるかも

もし、消費者金融からの借入期間が長い人は、利息を払い過ぎていた可能性があります

そんな人は、弁護士や司法書士に相談をすれば、借金を大幅に減らせる可能性がありますし、場合によっては、残債がなくなって過払い金が発生し、お金が戻ってくることもあります。

弁護士や司法書士を通じて任意整理の手続きを行えば、払い過ぎた利息があれば、その分を残債から減額することも可能です。

さらに、将来的に掛かる利息をカットして、元本のみを3年~5年で返済すれば良くなるので、今まで借金の利息で散々悩まされた人も、一気に借金を減らすことが可能となります。

住宅ローンも守ることが出来る

借金だけでなく、住宅ローンを抱えている人は、自己破産をすると身ぐるみ剥がされる訳ではありませんが、家は失ってしまう可能性が高くなります

それ故に自己破産を躊躇している人も多いはずです。

しかし、個人再生の手続きであれば、住宅ローンを守りながら、それ以外の借金を約5分の1に減らすことが出来ます

借金返済方法の極意を知らないのはもったいない

借金の返済で苦しんでいる人の中には、

  • 自己破産は会社や近所の人に内緒で出来ること
  • 借入期間が長いと大幅に借金を減らせる可能性があること
  • 利息を払わずに元本だけを返済できる方法があること
  • 住宅ローンを守りながら借金を大幅に減らせる方法があること

という借金返済方法の極意を知らない人が意外に多いのですが、それは本当にもったいないことです。

債務整理という極意の方法で、あなたの借金がどれだけ減らせるかは以下の方法で簡単に無料診断を受けることが出来ます。

債務整理の手続きは、国が認めた借金の減額方法なので、安心して手続きを行なえます。

もちろん、債務整理の手続きを行なうと、信用情報機関に事故情報が登録されて約5年~10年は新たな借入れが出来なくなります

しかし、その期間を過ぎれば、あなたの信用情報は再び元に戻りますので、希望を持って、この極意の方法を試してみてはいかでしょうか?