借金を抱えたままの状態が続くと、やりたいことが出来ないまま、時間だけが流れ、人生を大切なチャンスを失ってしまうリスクがあります。

ですから、そんな時は債務整理を通じて、借金を清算し、人生の新しいステージへステップアップしていくのも一つの選択肢となってきます。

早く借金を清算しないことのデメリット

人生は長いもので、実は、それほど長くはありません。

ですから、借金を抱えたままの状態が続くと、やりたいことが出来ずにチャンスを失う可能性があります。

特に20代、30代の人達の中には、借金がネックになって結婚に踏み切れないという方が多くいらっしゃいます。

結婚式をするだけでも莫大なお金が掛かりますし、子供を育てる時も借金が残った状態のままだと生活が本当に苦しくなりますよね。

当然、住宅ローンを組むどころの話ではなくなり、人生設計そのものが狂ってしまいます。

また、借金を抱えている人の中には、それを隠して結婚をする人もいますが、途中でバレたら夫婦関係に大きな亀裂が入るかもしれません。

仮にバレなかったとしても、「いつかバレるかもしれない」という不安の気持ちが続くことになります。

ここでは結婚の話を一例に挙げましたが、早く借金を清算しないと、あなたの人生に大きな影を落とすことになり兼ねないのです。

債務整理で借金を清算するメリット

では、今の借金を清算するために、必死になって働いたり節約したりした方が良いという話になるのかもしれません。

ただ、場合によっては、自力で借金を返済をやろうとするとものすごく時間が掛かってしまう時があります

当サイトでは、借金の金額に応じた借金返済のシミュレーション例をご紹介しています。

借金100万の返済方法
借金150万の返済方法
借金200万の返済方法
借金250万の返済方法
借金300万の返済方法

もし、自力で借金を清算するメドが立たないのであれば、早めに債務整理の手続きをされることをお勧めいたします。

なぜなら、債務整理は、国が認めた合法的なやり方で、借金を劇的に早く清算することが出来るからです。

債務整理というと、自己破産で一気に借金を清算するという方法を思い浮かべるという人がいるかもしれません。

しかし、債務整理の中でも任意整理の手続きを行えば、将来利息をカットすることによって、元本だけを減らすことが出来ます。

また、個人再生であれば、住宅ローンを残したまま、借金を約5分の1に減額することが出来ます。

弁護士や司法書士に相談をすれば、あなたに合った借金の清算方法を知ることが出来るでしょう

債務整理で借金を清算するデメリット

もちろん、債務整理で借金を清算することにはデメリットもあります。

それは、債務整理を行なうと約5年~10年、信用情報機関に事故情報が登録されて、その期間は新たな借入れが出来なくなってしまうという点です。

クレジットカードも持てなくなるので、その点では不便さを感じることもあるでしょう。

しかし、その期間を過ぎれば、あなたの信用状態は、完全に回復しますし、借金を清算した状態で人生の新しいスタートラインに立つことが出来ます

その瞬間を出来るだけ早く迎えるためにはも、早めに弁護士や司法書士に相談してみることをお勧めいたします。