借金の金額が500万円を超えると、さすがに自己破産かなと思う方もいらっしゃるかと思います。

ただ、借金の状況によっては、自己破産が難しい場合もありますし、自己破産以外の方法で問題が解決出来る場合もあります。

ここでは、借金が500万円を超えてしまった場合の対処法についてお伝えしていきます。

500万円の借金を自己破産する場合の注意点

自己破産を行なうのであれば、借金が500万円あったとしても、基本的にはすべての債務が免責の対象となります。

ただし、自己破産には、いくつかのデメリットがあります。

  • 20万円を超える財産と99万円の超える現金は手放す必要がある
  • 警備員は保険外交員など特定の資格や職業は免責を受けるまでの間、制限される
  • すべての借金が免責の対象となるため住宅ローンや車のローンが残っていると手放す必要がある

また、時々、500万円の借金を抱える方の中には、パチンコなどのギャンブルにハマったことが原因という方もいらっしゃいます。

自己破産をする場合、もし、ギャンブルや浪費などが借金の主な理由になっていると、免責不許可事由という、免責を受けられなるかもしれない要件に引っ掛かってしまいます

一応、この場合でも、裁判所に誠意をもって対応をするば、裁量免責という形で借金をチャラにしてもらうことも可能です。

ただ、その場合は、同時廃止という簡単な手続きではなく、管財事件というより複雑な手続きを行なうことになる可能性が高まります。

その場合、裁判所に支払う予納金として、50万円以上(弁護士を通す場合は20万以上)が余分に掛かってしまいます

個人再生を行なう場合

もし、借金が500万円あってもサラリーマンのように最低限の安定した収入が見込めるのであれば、個人再生の手続きを行なうということも一つの方法です。

個人再生であれば、500万円の借金を約5分の1の100万円まで減らすことも可能です。

そして、残債を原則は3年間で返済していくことになるので、一ヶ月あたりの平均的な支払額は、28,000円程度まで減らすことが出来ます。

個人再生の場合は、借金の理由が問われないですし、制限される資格や職業も一切ありません。

また、住宅ローンだけは、住宅ローン特則を利用することによって、ローンが残っている家を守ることが出来ます

このように、あなたの返済能力によっては、個人再生でも十分解決可能な場合もありますので、まずは、借金減額シュミレーターを使うなどして、弁護士や司法書士へ相談をしてみて下さい。