国が認めた借金の減額方法を知っていますか?

今まで借金を減らすためにあなたはどれだけの苦労をして来たでしょうか?

食費を削ったり、体がおかしくなるほど副業でバイトをしまくったり、返済日までにお金が準備できずに他の消費者金融からさらにお金を借りてしまったり・・・

しかし、もしかしたら、あなたは簡単かつ合法的に借金を減額できる返済を知らなかったが為に遠回りをしていたのかもしれません。

国が認めた借金の減額方法とは?

では、国が認めた借金の減額方法とは何かというと・・・

それは債務整理です。

債務整理は大きく分けると、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と4つの方法があります。

特定調停のみは自分で行ないますが、その他の債務整理の手続きは原則として弁護士や司法書士を通じて行ないます。

あなたの借金の状況によって、どの手続きを行なうべきかは違って来ますが、それぞれの方法では具体的に以下の方法で借金を減額することが出来ます。

任意整理による借金の減額

弁護士や司法書士が債権者から取引履歴を取り寄せ、もし払い過ぎていた利息(過払い金)があれば、その分の減額交渉を行ないます。

さらに将来利息をカットして、月々の返済額を減額し、借金の負担を減らします。

特定調停による借金の減額

簡易裁判所で調停委員の仲裁を通じて、債権者と交渉を行ない、借金の減額や返済方法の条件を交渉して、借金の負担を減らします。

個人再生による借金の減額

民事再生法13条の規定に従って、借金を約5分の1に減らしたりするなど、大幅な借金の減額を行ないます。

また、住宅ローンが残っている場合でも住宅ローン規約を利用することによって、家を守ることも可能です。

さらに残債を原則は3年で返済する計画を立てて完済に向けた手続きを行っていきます。

自己破産による借金の減額

破産法に従って、すべての借金を免責とするための手続きです。

一定以上の財産は手離す必要があるなどデメリットも多いですが、すべての借金がチャラとなるので、借金の負担からは一気に解放されます。

なぜ国が認めているのか?

このような方法があることを知ると、特に「借金は必ず全額自分で返済すべき」だと思っている人は、なぜ国がこのような借金減額の方法を認めているのか不思議に思うかもしれません。

多額の借金を抱えたことは分かると思いますが、借金が人の心に与える影響は非常に深刻です

実際、借金が原因で自殺をする人の数は、近年減少傾向にありますが、それでも一年で約4,000名いらっしゃいます

ですから、そういった借金で苦しむ人達を救済するために、国が認める借金の減額方法は絶対に必要だと言えるのです。

逆に債務整理の制度がなければ、闇金に手を出して、さらに身を滅ぼしてしまう人達などがさらに増えていってしまうでしょう。

借金減額シミュレーターで無料診断が可能

では、この国が認めた借金の減額方法で、あなたの借金をどれくらい減らせるかは借金減額シミュレーター(シュミレーター)で無料で簡単に診断してもらうことが出来ます。

借金減額シミュレーターは怪しいという人もいますが、こちらで紹介している方法は、まさに債務整理であり、国が認めた借金減額方法なので、安心して利用することが出来るのです。

また、借金減額のデメリットや借金減額シュミレーターのデメリットについては、以下のページで解説しているのでご参考にして下さい。

借金を一気に減額するデメリットとは?

借金減額シュミレーターのデメリットを検証

実際に借金減額シュミレーターを使って、簡単すぎると驚愕の声が続出していますので、まずは一度、気軽に試してみることをお勧めいたします。