プロミスは、大手の消費者金融ですし、気軽にお金を借りられるイメージがあります。

しかし、いざ返済となると、なかなか思ったようには借金が減っていかないと感じていませんか?

実は、プロミスからお金を借りると利息だけでも、かなり取られてしまうケースがかなり多くなっています。

ここではその現実や具体的な対処法についてお伝えしていきます。

プロミスから100万円借りた場合の利息

例えば、プロミスから100万円を15%の金利で借りたとします。

その場合の月々の支払い金額に応じた返済シミュレーションは以下のようになります。

返済金額 返済期間 支払い利息額
2万円 79ヶ月 579,052円
3万円 44ヶ月 301,674円
4万円 31ヶ月 206,514円
5万円 24ヶ月 157,936円
6万円 19ヶ月 128396円
7万円 16ヶ月 108,502円
8万円 14ヶ月 94,238円

確かに月に7~8万円返済することが出来れば、最終的な利息の総額は10万円前後に収まるので、大丈夫なのかもしれません。

しかし、それだけの支払い能力があるのでれば、元々プロミスからお金は借りていなかったと思います。

実際は、毎月、ギリギリの生活をしていて、何とかプロミスの最低返済金額はクリアしようという方も少なくはないかと思います。

最低返済金額では借金はなかなか減らない

プロミスの最低返済金額は、借入れ残高に応じて以下のように設定されています。

  • 30万円以下:借入れ残高 X 3.61% (1,000円未満切り上げ)
  • 30万円超過100万円以下:借入れ残高 X 3.61% (1,000円未満切り上げ)
  • 100万円超過:借入れ残高 X 3.61% (1,000円未満切り上げ)

つまり、借入れ残高に応じた最低返済金額は以下のようになります。

借入残高 割合 借入れ残高X割合 最低返済金額
10万円 3.61% 3,610円 4,000円
20万円 3.61% 7,220円 8,000円
30万円 3.61% 10,830円 11,000円
40万円 2.53% 10,120円 11,000円
50万円 2.53% 12,650円 13,000円
60万円 2.53% 15,180円 16,000円
70万円 2.53% 17,710円 18,000円
80万円 2.53% 20,240円 21,000円
90万円 2.53% 22,770円 23,000円
100万円 1.99% 19,900円 20,000円

最初の表を照らし合わせてみると、プロミスの最低返済金額だけを支払っているだけでは、借金の元金はなかなか減らないことがお分かり頂けるかと思います。

そして、最終的に支払う利息の金額がどんどん増えていくことになります。

プロミスの借金が減らない場合の対処法

もし、プロミスの借金を早く返したい場合は、最低返済金額は、完全に無視して、繰り上げ返済をガンガンやっていくしかありません

また、間違っても、プロミスの借金を払えないからといって、アコムやレイクから借りるようなことは絶対してはいけません。

実際、最低返済金額の支払いさえクリアすれば、何となく安心してしまう人もいるかもしれませんが、それだけでは借金はなかなか減りません。

ですから、ここに書いてあるような返済シミュレーションを見ながら、「今の返済ペースだとこれだけの損失が生まれてしまう」という危機感をしっかり持って、返済に集中していかれることをオススメいたします。

ただ、中には返済ペースを上げていかなければいけないと分かっていても、生活がギリギリで、逆に新たな借入れをしてしまうような方もいらっしゃるかと思います。

ですから、そういった場合は、借金減額シュミレーションでプロミスからなどの借金がどれだけ減らせるかチェックしてみても良いかと思います。