借金が200万円まで膨らんでしまうと、一朝一夕には返済するのが難しくなってしまいます。

なぜなら200万円ぐらいになると、月々の返済額が高くなり、普通のサラリーマンの給料だと、返済期間を長くせざるを得なくなるからです。

また、200万円の借金の返済期間は、どれくらいの金利で借りているかによって、かなり状況が異なって来ます。

ここでは、200万円の借金の返済計画と、返済をする際の注意点についてお伝えしていきます。

200万円の借金は1年で返せる?

200万円の借金はかなりプレッシャーになるので、出来るだけ早く返したいという気持ちは、誰もが抱くものですよね。

では、返済期間を1年間で設定した場合は、月々の返済額はいくらぐらいになるのでしょうか。

金利ごとに簡単にまとめると以下のようになります。

金利(年率) 月々の返済額 利息の総額
金利15% 180,516円 166,194円
金利10% 175,831円 109,975円
金利5% 171,214円 54,573円

さすがに1年で返済するとなると、低金利で借りることが出来たとしても、月々の返済額は17~18万円になってしまいます

ですから、収入がかなり高いとか、副業が上手くいくとか、奥さんがパートでがんばっているとかなどの条件が揃わないと1年で完済するのは難しいと言えます。

毎月5万円返済した場合の返済期間は?

実際、一般家庭の方の場合、毎月5万円ずつ返済するのが精一杯という方も多いかと思います。

もし、月々の返済額が5万円の場合、金利に応じた返済期間は以下のようになります。

金利(年率) 返済期間 利息の総額
金利15% 56ヶ月(4年8か月) 789,895円
金利10% 49ヶ月(4年1ヶ月) 442,908円
金利5% 44ヶ月(3年11ヶ月) 192,406円

5万円ずつ返済した場合、金利によっても異なりますが、返済期間の目安は4年前後となります。

また、返済期間がそれぐらい長くなってくると、トータルで支払う利息の金額が数十万円単位になってくることがお分かり頂けるかと思います。

返済期間が長期間する場合は要注意

実際、ここで、ご紹介した返済計画は、あくまでも返済だけを行なう場合のシミュレーションです。

しかし、途中で新たな借金をしたり、返済額が5万円より少なくなってしまうと、当然、返済期間は長くなりますし、トータルで支払う利息の金額も膨れ上がります

もし、金利が10%~15%ぐらいだと、返済が少しでも長引いてしまえば、完済するまでに支払う利息の総額が100万円を超える可能性も十分あり得ます。

せっかく、毎日、節約をしてがんばっているのに利息で100万円以上取られたら、やっていられないですよね。

ですから、その場合は、おまとめローンを利用して、より低金利のところへ借り換えたり、債務整理を通じて、利息をカットしながら残債を返済したりすることも検討した方が良いケースも出て来ます。

200万円の借金は、一般家庭の方にとっては、甘くはない金額です。

ですから、返済期間が長引き過ぎないように、ボーナスが出た時などは、繰り上げ返済をバンバンやっていかれることをオススメいたします、