借金が200万円あると、任意整理をしてしまうか、或いは任意整理をせずに自力で完済する道を選ぶべきか、悩むところですよね。

実際、体験談を見ていると、借金が200万円ぐらいあると任意整理に踏み切る人もかなりいらっしゃいます。

そこで、ここでは、200万円の借金を任意整理する場合の簡単なシミュレーションをお伝えしていきますので、判断する際の目安にして下さい。

200万円の借金を任意整理するとズバリこうなる

200万円の借金を任意整理をした場合、具体的にどういった返済シミュレーションになるのか、簡単に解説をしていきます。

任意整理を行なうと原則的に将来利息がカットされます

そして、和解が締結した後、残債を3年~5年で分割返済していくことになります。

ですから、

  • 3年間(36ヶ月)で分割返済する場合は、1ヶ月あたり約56,000円
  • 5年(60ヶ月)で分割返済する場合は、1ヶ月あたり約34,000円

返済していくようなイメージになります。

ただ、任意整理の手続きを行なう際、貸金業者(債権者)から取引履歴を取り寄せ、利息の再計算を行なうのですが、そこで払い過ぎた利息(過払い金)が発生すれば、その分が残債から引かれます

実際に、あなたの借金に過払い金が発生している可能性があるのかという点も含めて、どれくらい借金を減らせるかは、借金減額シュミレーターを使えば無料診断してもらえます。

ちなみに、もし、毎月の返済金額が払えないと思った場合は、個人再生や自己破産など別の債務整理の手続きで解決出来ないか検討していくことになります。

任意整理したら得するの?

ただ、その一方で、「任意整理を弁護士や司法書士に依頼したら、費用が掛かるから、結果的にマイナスになることもあるのでは?」と思う人もいるかと思います。

実際に任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が約5年間登録されて、ブラックリスト状態となります

そして、その期間は新たな借入れをしたり、ローンを組んだりすることが出来なくなってしまうので、慎重に判断すべきなのは当然のことです。

実際に、あなたがどれくらい得をするかは、今の200万円の借金を完済するまでに、どれだけの利息を払うことになるのか計算をすれば大体分かって来ます。

これは、200万円の借金の返済期間にもよりますが、例えば、毎月5万円ずつ返済した場合は、約5年弱で80万円ほどの利息を払うことになります。

もちろん、返済額が3~4万円のレベルになってしまったり、途中で新たに借金をしてしまったりした場合は、トータルで支払う利息の金額が100万円を超える可能性も十分出て来ます。

そして、任意整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、報酬費用の相場は、約数万円 X 債権者数となりますので、その金額を差し引けば、どれくらい得をするかが分かります。

さらにブラックリストに載るという状況を加味した上で、最終的に任意整理をするべきか、判断をしていくことになります。

時間の問題も加味しよう

200万円の借金を任意整理すると返済スピードは確実にアップしますので、早く完済すれば、そこから人生の再スタートも切りやすくなります。

特に、借金が200万円あるために結婚を躊躇している人は、任意整理で一気に借金問題を解決されることをオススメいたします。

参考記事:借金が200万円ある人が結婚時期を早めるには?

200万円の借金なら、がんばって自力返済するのも一つの方法かもしれません。

しかし、あまり返済にズルズル追われてしまうと、大切な時間を失ってしまう可能性が高くなります

ですから、任意整理をすることによって得られる時間的なメリットも考慮に入れながら判断されたら良いかと思います。