借金が200万円ある場合、本当に返せるのか心配になる方もいらっしゃるかと思います。

ただ、返済期間を曖昧にしたまま、計画も立てずに返済をしていると、金利によっては利息が原因で、半永久的に借金がなくらならい返済地獄にハマってしまうリスクも発生します。

そこで、ここでは、200万円の借金をより効率的に解決するための方法についてお伝えしていきます。

200万円の借金の返済期間は?

200万円の借金を抱えると、とにかくこの借金のプレッシャーから解放されたいという強い気持ちが働くかと思います。

中には1年間で返済をしたいと考える人もいるかもしれませんが、その場合は、計算すると月々の返済額を17~18万円まで上げなければならなくなります

逆に、月々の返済額を5万円程度に下げた場合は、返済期間は4年~5年掛かるようになりますし、金利によっては、最終的に支払う利息が数十万円単位で掛かってしまう計算になります。

参考記事:借金200万円の返済期間の目安はどれくらい?

しかも、これは、あくまでも返済のみに徹した場合の計算となります。

実際は、途中で新たに借金を追加する人もいるでしょうから、その場合、返済期間はさらに伸びてしまう可能性が高くなります。

そして、最終的に支払う利息の金額が100万円を超えることも十分あり得ます。

借金問題は早く解決した方が良い理由

もちろん、誰にも迷惑を掛けたくないということで、200万円の借金を自力で返済していくことも一つの方法かと思います。

しかし、その場合に気を付けなければならない理由は、時間というリスクです。

200万円の返済にあまり時間が掛かり過ぎてしまうと、20代、30代の人にとっては結婚のタイミングを失ってしまうという大きなリスクが発生します。

借金が200万円ある人が結婚時期を早めるには?

では、200万円の借金を最短で返済するにはどうすれば良いのでしょうか?

そのための有効な方法として、債務整理をオススメしています。

借金200万円を債務整理する場合

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産と大きく分けて3つの種類に分かれますが、借金が200万円ある場合の対応はそれぞれ以下のようになります。

任意整理で解決する場合

200万円の借金を任意整理する場合、払い過ぎた利息(過払い金)が発生していなくても、月に4~6万円以上の返済能力がある人であれば、手続きを行なうことが可能となってくるでしょう。

実際、任意整理を行えば、将来利息が原則的にカットされるので、本来払う予定であった利息の支払いが免除される分、経済的な利益が発生することになります。

参考記事:借金200万円を任意整理したらズバリこうなる!

個人再生で解決する場合

200万円の借金で個人再生の手続きを行なう場合、基本的には弁済額は100万円ぐらいまで下げることが可能です。

ただし、住宅や車などで財産を持っている人は、清算価値(持っている財産を換価した額)が高くなるので、その分、弁済額が上がってしまう可能性があります。

また、個人再生の手続きでは、弁護士費用や裁判所に支払う手数料が65万円以上掛かる可能性が高いので、そういった点も含めて実際にやるべきか検討をしていくようになります。

借金200万で個人再生をしてもデメリットの方が多い?

自己破産で解決する場合

200万円の借金で自己破産をするのはどうかと考える人もいるかもしれません。

しかし、統計調査を見てみると、借金が200万円未満でも自己破産をした人の割合は全体の約20%になっています。

参考記事:借金200万で自己破産は可能?実は○人に1人が・・・

実際、借金が数百万円あるような人でなくても、病気やリストラなどで返済能力がないことが認められれば自己破産で免責を受けることが可能となります。

200万円の借金を返せる道は必ずある

このように借金が200万円あったとしても、最終的返せる道は必ずあります。

そして、あとは、いかに返済期間を短く出来るかという点がポイントになってきます。

あなたの未来にダメージを残さないためにも、200万円の借金は弁護士や司法書士にも相談しながら、より効率的に返済する道を検討されることをオススメいたします。

具体的には、借金減額シュミレーターを使って、どれくらい借金を減らせるか、簡単に診断することが出来ますので、気軽に利用してみてください。