借金が500万円ある場合、任意整理で解決をすることは可能なのでしょうか?

この場合、「月々の返済額を支払うことが出来るか?」という点が大きなポイントになってきます。

ここでは、500万円の借金を任意整理した場合の月々の返済額をシミュレーションしながら対応策をお伝えしていきます。

月々の返済額はいくらになる?

500万円の借金がある人が任意整理を弁護士や司法書士に依頼をすると、まず受任通知が各債権者に送られ、催促や取り立てがストップします。

それから、取引履歴を取り寄せ、払い過ぎた利息(過払い金)があれば、残債から減らします。

(ただ、最近は残債が減らないケースも増えて来ています。)

そして、利息の再計算を行った後、将来利息をカットして債権者を和解契約を結び、基本的には残債を3年、長い時は5年で返していくようになります。

500万円の残債がある場合、月々の返済額は以下のようになります。

  • 3年で返済する場合:月々の返済額は約14万円
  • 5年で返済する場合:月々の返済額は約8万3千円

月々の返済額が10万円前後になると、普通のサラリーマンや、月収が25万円ぐらいの方だと、支払いがかなり厳しくなってくるかもしれません。

ですので、その場合は、個人再生や自己破産などで解決が出来ないか検討していくことになります。

また、もちろん過払い金がかなり発生して、500万円の借金が大幅に減額されるケースもあります

ですから、まずは、あなたの借金をどれだけ減らすことが出来るか、借金減額シュミレーターを使ってチェックしてみて下さい。

500万円の借金を毎月10万円ずつ返済すると・・・

実際、任意整理をしても月々の返済額が10万円だと聞くと、あまり希望が感じない人もいるかもしれません。

しかし、カードローンなどで500万円を借りている人は、金利が10~15%のケースもザラにあります。

そういった方が、任意整理をしないで500万円の借金に対して、毎月10万円ずつ返済すると、最終的に支払う利息は以下のようになります。

金利 返済期間 最終的に支払う利息
15% 79ヶ月 2,895,537円
12% 70ヶ月 1,966,136円
10% 65ヶ月 1,494,843円
5% 57ヶ月 618,426円

つまり、500万円の借金を任意整理すれば、こういった本来払うべきであった利息を払う必要がなくなるので、200万円近く得をすることになるのです。

もちろん、任意整理をした場合は、債権者一件あたり数万円の手数料が掛かって来ますが、その分を差し引いたとしても、メリットが大きいと言えるでしょう。

500万円の借金を任意整理する場合の注意点

実際、任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されるので、約5年間は新たな借入れが出来なくなるというデメリットがあります。

そして、任意整理後の返済で2ヶ月以上または2回以上返済が遅れてしまうと、和解契約が破棄され、一括返済を求められるリスクが発生してしまいます。

500万円以上の借金を任意整理したら、月々の返済額はどうしても大きくなってしまいます

ですから、弁護士や司法書士に任意整理について相談をする際は、万が一の状況も想定しながら、余裕を持った返済計画を立てることが大切です。