500万円の借金の返済計画を立てる際に気を付けないといけないのは利息です。

もし、住宅ローンや奨学金など、低金利で500万円を借りていれば、月々の返済額に占める利息の金額もそれほど大きくはならないでしょう。

しかし、銀行や消費者金融など少しでも金利が高くなると、利息はとんでもなく増えてしまいます。

ここでは借金500万円の利息のリアルな現状と、その解決策についてお伝えしていきます。

500万円の借金の1ヶ月分の利息は?

まず、500万円の借金がある場合、1ヶ月あたりの利息は以下のようになります。

  • 金利4%:16,438円
  • 金利5%:20,547円
  • 金利7%:28,767円
  • 金利10%:41,095円
  • 金利12%:49,315円
  • 金利15%:61,643円
  • 金利18%:73,972円

※1円未満は切り捨てで計算しています。

もちろん、一ヶ所の銀行やカードローンからお金を借りていれば、金利は、4~7%ぐらいに下げてもらうことも可能となってきます。

しかし、何ヶ所からお金を借りている多重債務状態になっている人は、1ヶ所ごとの借金の額が少ないため、金利が15%、下手をしたら18%になってしまっているケースも出て来ます。

実際、金利が15%~18%になると、1ヶ月の利息だけでも、6~7万円ととんでもない金額になってくるので、早めにおまとめローンなどを利用して借り換えされることをオススメいたします。

トータルで支払う利息の金額がとんでもないことに

借金が500万円あると、1ヶ月の利息もかなりの額になってしまいますが、最終的に支払う利息の金額も金利によっては、相当な金額になってしまいます。

例えば、借金500万円を5年で返す場合、月々の返済額と完済までにトータルで支払う利息は以下のようになります。

金利 月々の返済額 トータルで支払う利息
4% 92,082円 524,923円
5% 94,356円 661,336円
7% 99,005円 940,338円
10% 106,235円 1,374,079円
12% 111,222円 1,673,301円
15% 118,949円 2,136,958円
18% 126,967円 2,617,989円

もし、500万円を複数の貸金業者から借りている人であれば、金利は10%~15%ぐらいになっている可能性が高いです。

その場合、完済をするまでに、150万円~200万円の利息を銀行や消費者金融へ支払うことになってしまいます。

もし、150万円~200万円のお金があれば、いろいろなことが出来ますよね。

  • 軽自動車を購入する
  • 住宅ローンの頭金の足しにする
  • 結婚資金にする
  • 海外旅行を楽しむ

本当は、このお金であなたの人生を豊かにすることが出来るはずなのに、全部利息で失ってしまうのは、実に悲しいことだと思います。

借金500万円の利息をカットする方法

しかし、実は、借金500万円の利息を合法的にカットする方法があります。

それが債務整理です。

例えば、500万円の借金を任意整理すれば将来利息がカットできるので、150万~200万円の利息を払う必要がなくなります

さらに、払い過ぎた利息(過払い金)が発生していれば、その分を残債から減額することも可能です。

もちろん、任意整理を弁護士や司法書士に依頼をする場合は、報酬費用が発生します。

しかし、報酬費用の相場は、債権者一社あたり数万円ぐらいなので、カットできる利息の金額を計算すると、どれくらい得をするかがお分かり頂けるかと思います。

また任意整理が難しくても個人再生を行なえば、さらに借金の減額をすることが可能です。

あなたの借金がどれくらい減らせるかは、借金減額の無料診断サービスを使って簡単に調べることが出来ます。

その一方で、債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が約5年~10年間登録されて、その間はローンを組むなど新たな借金が出来なくなるというデメリットはあります。

しかし、その期間が過ぎれば、信用情報は元の状態に回復します。

ですから、もし、あなたが借金500万円の返済地獄から本気で脱出したいと検討されているのであれば、債務整理の手段をオススメいたします。