借金が250万円ある場合、どうやって返済をしていけば良いのか、なかなか見通しを立てづらいかと思います。

実際、これだけ借金がある場合でも自力返済は可能なのでしょうか?

ここでは、250万円の借金を返済する場合の月々の返済額の目安をご紹介してきながら、より効率的に借金を返済していく方法もお伝えしていきます。

借金250万円を自力返済した例

借金が250万円まで膨らむと、自力返済をすべきか、あるいは誰かに相談すべきか悩むところだと思います。

例えば、借金250万円を自力返済した方には以下のようなケースがあります。

こちらの女性は、

  • 30歳後半の女性
  • 年収400万円弱
  • 消費者金融からの借金が250万円

という方でしたが、転職を機に借金250万円を完済することに成功しました。

ただ、転職をしても給料自体は変わっていなかったそうです。

それでも借金を完済出来た理由は、

  • 職場までの交通費が安くなった
  • タクシーを利用する頻度が減った
  • 引っ越ししてシェアハウスを利用することになり、家賃と光熱費が下がった
  • 残業が増え、遊びのためにお金を使う機会が減った

という要因があったそうです。

こちらの方は、支出が減ることによって借金が減った典型的な例です。

借金返済は生活習慣と直結しているので、250万円の借金がなかなか返せない場合は、思い切って生活環境を変えてみるのも一つの方法です。

借金250万円を返済する場合の月々の返済額は?

借金返済の方法は、簡単に言うと、副業などで収入を増やし、節約などで支出を減らすことです。

ただ、借金250万円の借金を返済する場合、月々の返済額はどれくらいになるのか気になるところだと思います。

そこで、金利と返済期間に応じた月々の返済額と利息の金額をまとめてみましたので、ご参考にして下さい。

250万円を2年で返済する場合

金利 月々の返済額 利息
5% 109,678円 132,273円
10% 115,362円 268,682円
15% 121,216円 409,189円

250万円を3年で返済する場合

金利 月々の返済額 利息
5% 74,927円 197,358円
10% 80,667円 404,027円
15% 86,663円 619,863円

250万円を5年で返済する場合

金利 月々の返済額 利息
5% 47,178円 330,649円
10% 53,117円 687,025円
15% 59,474円 106,8470円

借金250万円の自力返済が難しい場合は?

上記の表を見てみると、借金250万円の返済する場合、2年以内に完済するのであれば、利息の金額を40万円以内ぐらいに収めることも可能となってきます。

(ただし、月々の返済額は10万円を超えます)

しかし、返済期間が3年、5年になっていくと、最終的に支払う利息がジワリジワリと高くなってきて、条件によっては利息が100万円の超えるケースも出て来ます

実際、年収が300万円程度であったり、既にギリギリの生活をしていたり、扶養家族が多かったりするような状況があると、返済スピードが鈍くなってきます。

逆に、自分の力では何ともならない状況になると、借金は減るどころか、250万円からさらに増えて、利息の金額が益々増えるリスクも高くなります。

ですから、そういった場合は、弁護士や司法書士を通じて債務整理の手続きをされることをオススメいたします。

例えば、任意整理の手続きを行うと、払い過ぎた利息があればその分を残債から減額したり、将来利息をカットしたりすることによって、250万円の借金の負担を大きく減らすことも可能です。

参考記事:借金250万円を債務整理で解決しようとするとこうなる

実際に、あなたがどれくらい借金を減らせるかは、以下の方法でチェックしてみて下さい。