任意整理を行なうと和解契約を結び、残債を基本的には3年で分割返済していくことになります。

ただ、債権者との交渉によっては5年返済、あるいは7年という長期分割に対応してもらえる場合もあります。

ここでは、任意整理の返済期間について事例を挙げながら解説していきます。

返済期間が7年になったケース

任意整理で返済期間が約7年(84回払い)になったケースは、こちらのサイトで紹介されています。

元々は、信販会社5社からの月々の返済額が毎月164,000円あったのですが、返済期間が7年になったため、月々の返済額を55,000円までに下げることに成功しました。

返済期間が長くなると、当然のことですが、月々の返済額が下がって来ます

例えば、任意整理で残債が400万円あった場合、返済期間によって月々の返済額は以下のように変化していきます。

  • 3年返済(36回払い):111,111円
  • 5年返済(60回払い):66,667円
  • 7年返済(84回払い):47,619円

さらに任意整理では、将来利息をカットすることが出来るので、長期分割になったとしても、余分な利息を払う必要がありません

ですから、返済期間が長くなればなるほど債権者には有利になるのです。

返済期間が7年になる条件は?

ただ、任意整理後の返済期間が7年になるケースは、稀だと言わざるを得ません。

なぜなら、任意整理の返済期間の基本は3年間であり、長くても5年というのが一般的だからです。

逆に債権者によっては、任意整理の手続きに応じてくれず和解できないケースもあります。

5年以上(60回以上)の返済が可能となるには、債権者の状況と任意整理を依頼する弁護士や司法書士の交渉力などによって決まって来ます

実際、あなたが借金をしている債権者が長期分割にどれくらい応じてくれるかは、借金減額シュミレーターで診断してみると目安が分かってくるでしょう。

任意整理の返済期間は10年でも可能?

任意整理の返済期間が7年でも可能なケースがあるという話を聞くと、「返済期間は10年でも可能なのだろうか」と思う人もいるかもしれません。

ただ、10年の返済期間を考えているのであれば、任意整理ではなく個人再生の手続きを行った方が良いかもしれません

個人再生であれば、借金の残債を約5分の1に減らすことが出来るので、借金の金額が大きい人によっては非常に有効な手続きです。

任意整理で長期分割の交渉をしてもらうか、あるいは個人再生など別の債務整理の手続きで行なうかは、弁護士や司法書士に相談しながら判断されることをオススメいたします。