任意整理を弁護士や司法書士に依頼をすると、債権者1件あたり数万円の報酬費用が掛かるのが相場です。

ですから、中には、任意整理を自分でやる方がお金を節約できるのではないか思う方もいらっしゃいます。

ただ、自分でやろうとすると思わぬデメリットが生じてしまう可能性が高くなります。

任意整理を自分でやろうとするとどうなるか?

任意整理を自分でやる場合の手順は簡単に書くと以下のようになります。

  1. 銀行や消費者金融から取引明細を取り寄せる
  2. 払い過ぎた利息(過払い金)が発生していないか計算(引き直し計算)
  3. 過払い金が発生していればその分を減額してもらえるよう交渉
  4. 将来利息をカットしてもらえるよう交渉
  5. 残債の返済期間を決めて和解契約を行なう

もちろん、債権者に対して、交渉を自分でやることは出来ない訳ではありません。

ただ、個人で交渉しようとする場合、債権者は、まず、まともに相手にしてくれません

そのため、それぞれの手順で様々なトラブルが発生しやすくなります。

  1. 取引明細をなかなか送ってくれない
  2. 引き直し計算が複雑で正確な過払い金を算出できないことも
  3. 過払い金が発生していてもその分の減額に応じてもらえない場合も
  4. 和解契約に向けた交渉も難航する可能性大

銀行や消費者金融は、お金に関するプロです。

ですから、素人の立場で任意整理を自分でやろうとすると、完全に足元を見られて、不利な条件で交渉を進められてしまうリスクが非常に高いのです。

ボクシングに例えると亀田興毅に一般人が試合を挑むようなものです。

同じような身長と体重だから、意外と行けるような気も一瞬しますが、実際にやってみるとボコボコにされるでしょう。

任意整理を自分でやることは、同じくらい無謀な話なのです。

弁護士や司法書士に依頼をするメリット

ですから、任意整理の交渉は、やはり、お金と法律の専門家である弁護士や司法書士に任せる方が、遥かに効率が良くなります。

複雑な引き直し計算や、債権者とのハードな交渉もすべて任せることが出来るので、余分なストレスを感じる必要がなくなります。

弁護士や司法書士に任せた方が、自分で交渉するよりも、遥かに良い条件で借金の残債や月々の返済額を減らすことが出来るので、報酬費用を差し引いても得をする可能性が高くなります

また、弁護士や司法書士に任意整理の手続きを依頼すると、貸金業者に対して、すぐ受任通知が送られ、あなたに対する貸金業者からの催促や取り立てがストップします。

さらに、弁護士や司法書士は守秘義務を守ってくれるため、家族に内緒で借金問題を解決したい人に対しても十分配慮をしてもらうことも可能です。

実際に、債務整理に強い弁護士や司法書士であれば、あなたの借金の状況を知るだけで、どれくらい借金を減らせるか、無料でシミュレーションをしてくれますので、一度、試してみられることをオススメいたします。

任意整理を自分でやろうとしている人は、やはりお金のことが心配になっているはずです。

ただ、弁護士や司法書士への借金相談は無料で出来ますので、お金は掛かりません。

また、着手金などの初期費用を無料にしていたり、分割払いにも対応している法律事務所は多いので、気軽に相談してみて下さい。