借金の原因がパチンコなどギャンブルであった場合、自己破産をしようとしても、免責許可を受けられないのではという話があります。

その話は果たして本当なのでしょうか?

ここでは、ギャンブルだと自己破産ができないと言われる理由と、実際の事例ではどうなっているかという話、そして具体的な対策についてお伝えしていきます。

ギャンブルで作った借金は自己破産できない?

ギャンブルで作った借金は自己破産ができないと言われる理由は、パチンコや競馬など浪費が借金の主な理由になっていると免責不許可事由に該当してしまうからです。

(もし、ギャンブルによる借金をしていても、それが主な理由になっていなければ引っ掛からないケースもあります)

ただ、免責不許可事由に該当したからといって、必ずしも自己破産が出来ないという訳ではありません。

なぜなら、自己破産の申立人が、ちゃんと反省していることを裁判所が認めれば裁量免責という形で免責を許可してもらえるからです。

そして、実際の事例を見てみると、ギャンブルが原因で免責不許可事由に引っ掛かった人が、裁量免責がされなかったケースはほとんどありません

ただ、自己破産の手続きをする際は、陳述書や反省分を求められる時もありますから、裁判所に対しては誠意を持って対応を行なうようにして下さい。

ギャンブルが原因だと同時廃止が出来ない場合も

ギャンブルが借金の原因でも、免責は基本的には受けられるという話を聞いてホッとする人もいますが、残念ながら安心するのは、まだ早いです。

なぜなら、免責不許可事由に該当してしまうと、同時廃止での手続きが出来ず、管財事件の手続きをしなければいけなくなってしまうからです。

同時廃止であれば、自己破産の手続きはより簡略化され、費用も比較的安く済ませることが出来ます。

しかし、管財事件になると、手続きが複雑になるだけでなく、予納金が50万円以上(弁護士を通して少額管財となった場合は20万円以上)掛かってしまいます

自己破産を弁護士に依頼をすると、報酬費用だけで数十万円掛かってしまうので、予納金でさらに費用が掛かるとキツイものですよね。

自己破産以外の方法も考えてみる

このようにパチンコなどギャンブルが借金の原因である場合は、自己破産ができない訳ではないけれども、費用と手間が掛かるというデメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。

ですから、もし、もっと簡単に手続きを済ませたかったり、費用を安くしたいという方は、自己破産ではなく、任意整理や個人再生で手続きが出来ないか検討されることをオススメいたします。

なぜなら、任意整理と個人再生では借金の理由が問われないからです。

ただ、任意整理と個人再生では、借金を免責(チャラ)にするのではなく、減額するという形になります。

ですから、その方法でも大丈夫か、借金減額シュミレーターを通じて診断を受けてみられることをオススメいたします。

実際、ギャンブル依存症になって多額の借金を抱えてしまった人は、人生に失望をして、自己破産しかないと考えてしまいがちです。

しかし、借金の状況やあなたの返済能力によっては、他の債務整理の手続きの方が良いケースもありますので、まずは弁護士などの無料相談を受けられることをオススメいたします。