自己破産の手続きをする際、ギャンブルが借金の原因になっていると簡単に免責を受けることが難しくなります。

なぜなら、ギャンブルなど浪費が借金の主な理由になっている場合は、免責不許可事由に該当してしまうからです。

その場合でも、自己破産がができないという訳ではなく、裁量免責という形で免責を受けることも可能です。

ただ、同時廃止が出来ず、管財事件という形になり、余計な手間と費用が掛かってしまいます。

参考記事:ギャンブルで借金すると自己破産ができないって本当?

そういった話を聞くと、ギャンブルで借金を作ってしまったことを弁護士や裁判所に内緒にしたいと思う人も出て来ます。

ただ、その場合は、ばれる可能性が極めて高いのでご注意下さい。

ギャンブルの借金はばれる?

弁護士や裁判所の人は借金問題を扱うプロです。

ですから、ギャンブルで借金をしたことは意外と簡単に見抜くことが出来ます。

例えば、こちらの弁護士の方は、ギャンブルで借金をしたことは必ずばれると断言しています。

パチンコやギャンブルにのめり込んでいた方の取引履歴は、非常に類似した履歴になっています。
ほとんど毎日借入れを行い、それが他への返済には回らず消えているのです。
弁護士も法律事務所の事務職員も一目で借り入れの原因がギャンブルだなとピンときます。
もちろん裁判所からも取引経過の提出を求められることがあります。
裁判所の書記官や裁判官の目は、もっと研ぎ澄まされています。
嘘を述べても知らないふりをしても無駄です。

つまり簡単にまとめると、ギャンブル依存症で借金をしている人は、

  • ほぼ毎日借入れをしている(或いは週末ごとに借金をしている)
  • 借り入れたお金は他社の返済に回していない

という決まった借金のパターンがあるので、すぐバレるというのです。

後でバレると益々不利になる

もし、自己破産の手続きをしようとする際に、ギャンブルが借金の原因であったことを隠そうとして、後からバレた場合、あなたの立場は益々悪くなります

まだ、自己破産の手続きの相談をする段階で弁護士にばれるのであれば、まだ良いでしょう。

しかし、自己破産の申し立てをした後に、ギャンブルをしたことがばれると裁判所に対する心象は著しく悪くなります。

なぜなら、ギャンブルが借金の原因であったことを隠すのは、明らかに反省していないと思われ、裁量免責を受けづらくなるからです。

ですから、たとえ、ギャンブルが借金の原因であったとしても、それを隠すのではなく、正直に打ち明けることをオススメいたします

自己破産中のギャンブルも厳禁

ギャンブルで借金を作ってしまった人は、ギャンブル依存症になっているケースも多いため、自己破産中もついついギャンブルをやりたい衝動に駆られる時があります。

しかし、当然のことではありますが、自己破産中のギャンブルも厳禁です。

なぜなら、免責を受けようとしているのに、返済もせずにお金をギャンブルに使うと、裁判所の心象が悪くなるだけでなく、債権者の怒りを買ってしまうリスクが高くなるからです。

場合によっては、異議申し立てをされ、免責が受けられなくなる可能性も出て来ます

ですから、弁護士に債務整理の相談をする時は、これを機にギャンブルとも縁を切るつもりで臨んで下さい。

実際、ギャンブル依存症に対しては、カウンセリングなど様々な対処法があるので、そういったやり方も取り入れて行かれると良いでしょう。