借金が800万円ある場合でも、任意整理での解決が出来ないことはありません。

実際、任意整理であれば、裁判所を通さずに手続きが出来るので、この方法で解決できれば良いのかもしれません。

ただ、そのためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

過払い金が発生している場合

もし、800万円の借金の内、2007年~2010年よりも前に消費者金融から、高い金利で借りていた借金が多い場合、払い過ぎた利息(過払い金)が発生している可能性が高くなります

2007年~2010年にかけて改正貸金業法が段階的に施行されましたが、消費者金融ではそれ以前に利息制限法を超える金利(グレーゾーン金利)を融資を行っていたからです。

過払い金が発生していれば、800万円の借金を大幅に減額することが可能です。

例えば、40代ぐらいの夫婦が学生時代の頃から消費者金融を利用し続けて、夫婦の借金の合計が800万円を超えていたようなケースでは借金が一気に減る可能性が高くなります。

過払い金が発生していない場合

その一方で、2007年~2010年以降に借金を始めた方は基本的に過払い金は発生しません。

ただ、任意整理では原則的に将来利息をカットできるので、元本だけを返済していくことが可能となります。

任意整理で和解を成立させる際、残債の返済期間を決めるのですが、返済期間ごとの月々の返済額は以下のようになります。

  • 3年間で返済:222,222円
  • 5年間で返済:133,333円

例えば、もし、あなたの年収が700万円だと、手取りは560万円ぐらいで、月収は46万円ぐらいとなるので、うまくやりくりすれば、完済が見えてくるでしょう。

しかし、年収が400万~500万円のレベルだと、月収の手取りは、25万~33万円ぐらいなので、状況はかなり厳しくなってくると思います。

実際、任意整理後の返済は、2ヶ月または2回以上滞納すると、和解契約が破棄されてしまう可能性が高くなります。

また、任意整理後、約5年間はブラックリストに載ってしまうため、新たな借金は出来なくなります。

ですから、任意整理を行なう場合は、ギリギリの返済シミュレーションを組むのではなく余裕を持ったプランを立てていくことが大切です。

個人再生の方が良い場合

このように任意整理では、借金が800万円あると、過払金が発生していない限り、月々の返済額が高くなってしまう傾向があります。

もし、任意整理後の月々の返済額を払えそうにない場合は、最初から個人再生の手続きを行なった方が良い場合もあります。

参考記事:借金800万円の返済は地獄!?自己破産を回避するには?

また、任意整理では将来利息をカットできるというメリットがありますが、元々、低金利でお金を借りている場合は、利息をカットしてもあまり意味がなくなってしまいます

ですから、そのようなケースでも個人再生の手続きを行った方が良いと言えます。

個人再生では、基本的に借金を5分の1に減らせるので、800万円の借金は160万円まで減額することも可能ですし、住宅ローンを残したまま手続きが出来るというメリットもあります。

ここら辺は、弁護士や司法書士と相談しながら、決めていくのも良いですし、以下のサービスを使って、800万円の借金をどれだけ減らせるかは診断を受けてみるのも良いでしょう。

こちらでご紹介した内容は、800万円の借金を債務整理した場合の目安となります。

実際、借金をどれくらい減らせるか、また、どの債務整理の手続きが最適かは、その人の借金の状況によって異なって来ますので、弁護士や司法書士に直接確認されることをオススメいたします。