借金が200万円あると、債務整理をするべきか、それとも必死に働いたり、節約をしたりして、自力で何とかするか判断に迷うところですよね。

実際、借金が300万、400万円ぐらいのレベルになると、債務整理は仕方がないという感じになってきたりもします。

しかし、借金が200万円であれば、それで債務整理をするのは甘えじゃないかと指摘する人もいるかと思います。

ただ、借金200万円を自分で返済しようとすると、かなりリスクを抱えることになるので、債務整理の概要も含めてお伝えしていきます。

借金200万円の返済期間がどうなるか?

借金200万円を自分で返済してみようとした場合、そこで問題になってくるのが返済期間と、それまでに支払う利息の金額です。

200万円の借金の返済についてシミュレーションをしてみると、

  • 1年で返済しようとすれば月々の返済額は20万円弱ぐらいになってしまう
  • 毎月5万円ずつ返済してもトータルの利息は数十万円ぐらいになってしまう

ということが分かります。

つまり、早く返そうとしてもじっくり返そうとしても、かなりの負担を強いられてしまうのです

借金200万円は自力返済する場合

200万円の借金は自力返済することが可能であれば、そうすることに越したことはありません。

ただ、自力返済をすることは、かなりの悩みや問題を抱えてしまうリスクがあります。

借金200万円を自力返済しようとする人の現実

実際に200万円の借金を抱えて、自力返済している人の中には以下のような気持ちを感じている方がいらっしゃいます。

こちらの方は夫婦関係に問題が生じてしまっています。

借金が200万円あり、妻との生活費のやりくりで債務整理すべきかどうか、悩み中。どうしたものか?
持ち家ありで、妻と2人暮らし。収入は年金25万円と私のパート収入が数万円。
借金返済は最低8万円/月はどうしても必要なのですが、臨時に支出があった場合に借金返済について私が借金したのだから、自分の責任として返済して、と言われて口論になります。

こちらの方は、借金のことを考えると死んでしまいたい気持ちになると語っています。

お金のことを考えると、もう逃げたい。
費用を返せと言われたら払えない。
一人で借金を返しながら独身のまま死んでしまいたい。
と、全く幸せな気持ちになれません。

また、誰にも相談できず自殺を考えている人もいます。

就職は現在できているのですが、全く借金が返していくことができず再び家族に相談しようにも前に同じことをしていて言い出しづらくどうしたらいいかわかりません。
本当にバカだと思います。
自殺も考えましたができませんでした。

つまり、200万円の借金を自力で返済しようとすると、精神的に相当なストレスを感じたり、時には死にたくなるような思いに襲われたりするリスクを抱えてしまうのです。

また、そのストレスによって、周りの人間関係に与える影響も計り知れません。

さらに、金利によって、借金がなかなか減らないどころか逆に増えたりして、借金地獄の苦しみがいつまで続くか分からない状態になってしまう可能性が高くなります。

このように、200万円の借金を自力返済しようとした場合、一歩間違えば、文字通り地獄を見ることになってしまうのです。

借金200万円の自力返済が可能なライン

もし、200万円の借金があっても、年収が高ければ、家計簿を見直したり、食費を削って節約をしたりすることを通じて、繰り上げ返済をしていけば自力返済も出来るかもしれません。

では、自力返済が可能なラインはどれくらいなのでしょうか?

具体的な目安を言えば、年収が600万円あるかどうかが一つのラインとなってきます

なぜなら、消費者金融などは貸付が出来る金額が利用者の年収の三分の一まで総量規制で決まっているからです。

また、住宅ローンを組む時も、返済比率が35%を超えると、審査が厳しくなると言われています。

つまり、お金を貸す側としては、借金が年収の三分の一を超えると、自力返済が難しくなると判断する訳です

ですから、もし、年収がこの基準に到らない場合は、債務整理を検討してみるのも一つの方法です。

200万円の借金を債務整理するとどうなる?

200万円の借金の負担を軽くするために有効なのが債務整理です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産と3種類の方法がありますが、200万円の借金を債務整理すると、以下のような効果が見込めます。

任意整理を行った場合

任意整理を行なうと、200万円の借金に対して、基本的に、将来的な利息をカットして、月々の返済額も減らすことが出来ます

そして、残債を3年~5年で分割返済していくことになるので、1ヶ月あたりの返済額は、

  • 3年で返済:55,555円
  • 5年で返済:33,333円

ということになります。

任意整理による具体的な減額シュミレーションは以下の記事をご覧下さい。

>>借金200万円を任意整理したらズバリこうなる!

個人再生を行った場合

個人再生の手続きを行なうと一般的に借金を約5分の1に減額できるというメリットがあります。

ただ、借金が200万円ある場合は、最低弁済額が100万円となっているので、減額出来たとしても半額までとなります。

そして、残債を基本的には3年、長くて5年で返済するので、1ヶ月あたりの返済額は、

  • 3年で返済:27,778円
  • 5年で返済:16,667円

ということになります。

ただ、個人再生では、弁護士費用が相場で65万円ぐらい掛かってしまうので、費用面では注意が必要です。

しかし、それでも将来利息をカットして、本来払うべきであった利息分は利益を得られますし、住宅ローンも守りながら手続きが出来るというメリットもあります。

>>借金200万で個人再生をしてもデメリットの方が多い?

自己破産を行なった場合

自己破産を行なえば、基本的に200万円の借金はすべてチャラとなります。

借金が200万円あっても自己破産が出来るのだろうかと思う人もいらっしゃるかと思います。

確かに、自己破産は、返済能力があると裁判所から判断されたら、免責を受けることが出来なくなってしまいます。

ただ、その一方で5人の1人は借金200万円未満で自己破産をしているというデータもあります。

>>借金200万で自己破産は可能?実は○人に1人が・・・

まとめ

200万円の借金に対して、自力返済をすべきかどうか判断するには、まず返済シミュレーションをして、返済期間や最終的に支払う利息の金額を計算してみると良いでしょう。

また、年収が600万円以上なければ、自力返済ではなく、別の方法を考えた方が良いのかもしれません。

実際、弁護士や司法書士に債務整理の相談をすれば、200万円の借金の苦しみに終止符を打てる可能性は高いです。

債務整理を行えば、すぐに取り立てや催促がストップしますし、任意整理、個人再生、自己破産など、あなたに合ったやり方で借金を減額したり、場合によってはチャラにしたりすることも可能です。

今の借金をどれくらい減らせるかは、以下の方法を使えば簡単に調べることが出来ます。

弁護士や司法書士への相談は無料で出来ますので、まずは気軽に最初の一歩を踏み出してみて下さい。