最初は任意整理を行っていても、途中で事情が変わり、支払いが出来ない状態になる方も中にはいらっしゃいます。

実際、任意整理の手続きを行なうと、和解成立後も返済は残るので、無事に返済を続けられるか心配になる方もいらっしゃるかと思います。

そういった時に任意整理から自己破産へ変更することは可能なのでしょうか?

和解後の自己破産への変更は可能?

任意整理の手続きを行なうと、過払い金があればその分を減額し、将来利息をカットした後、債権者との間に結ばれた和解契約に従って残債を基本的には3年で返済していくことになります。

3年というのは短い期間にも見えますが、その間に、債務者の状況が大きく変わることは十分あり得ます

失業したり、病気になったりして収入が激減することもありますし、突然の出費でお金が回らなくなることもあります。

任意整理を行なうと、約5年間は新たな借金が出来なくなるので、お金がなくなっても、他から借りることは出来ず、返済不能に陥りやすいリスクがあるのも事実です。

実際、任に整理後に2ヶ月または2回以上、支払いが遅れると、和解契約が破棄され、残債を一括請求される可能性が出て来ます。

ですから、その場合は、自己破産に変更して手続きを行なうことも一つの選択肢になってきます。

もし、あなたに返済能力がないなど、自己破産を行なえる要件を満たしていれば、変更することも可能です

任意整理から自己破産へ変更する際の注意点

任意整理から自己破産へ変更することは可能ですが、いくつか注意すべき点もあります。

自己破産は費用が掛かる

任意整理では、弁護士や司法書士へ支払う費用が債権者1件あたり、数万円というのが相場です。

しかし、自己破産の手続きを行なうと、報酬費用は数十万円ぐらいになります

自己破産で免責を受けると、借金がすべてチャラになりますが、報酬費用の支払いは発生しますので、注意が必要です。

ただ、弁護士費用などは分割払いに応じてくれる事務所も多いので、費用の支払いに関しては事前に相談しておくと良いでしょう。

必ず弁護士や司法書士に相談する

任意整理の途中で支払いが出来なくなった場合、一番良くないのは、任意整理を依頼した弁護士や司法書士に何も相談しないまま、滞納を続けてしまうことです

その場合は、自己破産に変更したくても、弁護士や司法書士が辞任をするなど、対応してくれずに、新たな法律事務所を探さなければならない事態が生じることもあります。

逆に、事前に相談をしておけば、任意整理の再和解や個人再生など別の方法での解決策を検討するなど、より柔軟に対応してもらいやすくなります

債務整理の強い法律事務所に依頼する

任意整理後に自己破産へ変更する人は、事前の返済シミュレーションが甘かったとも言えます。

しかし、もしかしたら、任意整理を依頼した弁護士や司法書士のアドバイスが適切でなかったからもしれません

もちろん、実際にどうかはケースバイケースで分かりづらいところがあります。

ただ、一つ言えることは、任意整理から自己破産へ移行するという事態になってしまう確率を少しでも下げられるよう、債務整理に強い弁護士や司法書士に最初から依頼した方が良いということです。

特に、これから債務整理をしようという方は、最初の借金返済の減額シュミレーションを行なう際に、専門家とも相談されながら、じっくり検討されることをオススメいたします。