債務整理を行なうと約5年~10年間クレジットカードが使えなくなるというデメリットがあります。

クレジットカードが使えなくなると、日々の生活に支障が出るということで、心配する方もいらっしゃいます。

そこで、ここでは債務整理とクレジットカードの関係についてお伝えしていきます。

債務整理後はクレジットカードが使えなくなる理由

債務整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録され、ブラックリストに載った状態になってしまいます

ブラックリストに載る期間は、債務整理の種類や債権者によっても異なる部分もありますが、

  • 任意整理:約5年間
  • 個人再生:約5年~10年間
  • 自己破産:約5年~10年間

というのが一般的な期間になっています。

※債務整理をする前に滞納などをしていると、契約終了後(完済後)から約5年間、事故情報が残り続けることがあります。

参考記事:債務整理で事故情報が登録される期間は?

ですから、その期間は、クレジットカードの申請をしても審査に落ちる可能性が高くなります。

債務整理後クレジットカードはいつから使える?

債務整理をした場合、クレジットカードがいつから使えるか気になる方も多いですが、これは原則として、事故情報の登録が消えてからということになります。

一応、債務整理をした後でも、楽天カードなど審査に通りやすいという話もあります。

ただ、最初の審査に通っても、途上与信でチェックされて、そこで強制解約になる可能性もあります

ですから、基本的には事故情報が消えるまで待つようにして、もし、事故情報が消えたかどうか早く確認をしたい方は、信用情報機関に情報開示請求を行なってみて下さい。

情報開示請求は、1,000円ぐらいで出来ます。

任意整理で外したクレジットカードも強制解約になる!?

使えなくなるクレジットカードは、債務整理の対象にしたものだけではありません。

任意整理では整理の対象とするクレジットカードを選べるのですが、仮に、一部のクレジットカードを残していたとしても、更新時や途上与信をされた時に、使えなくなるのが一般的です

参考記事:任意整理で外したクレジットカードは何で強制解約なの?

また、未使用のクレジットカードは、任意整理だけでなく、個人再生や自己破産でも整理の対象から外すことは可能ですが、こちらも同様に債務整理後は、いずれ使えなくなる可能性が高くなります。

社内ブラックの場合は、半永久的に使えない場合も

債務整理後をした後は信用情報機関に事故情報が登録されるという形で、ブラックリストになること以外にも、もう一つのブラックリストの種類があります。

それは、債務整理の対象になったクレジットカードの会社で登録される社内ブラックリストです。

これは、信用情報機関に登録される事故情報とは別に登録され、半永久的に残る可能性があります。

ですから、通常のブラックリストの期間を終えて、債務整理の対象としたクレジットカードの申込を再び行っても、審査に落ちる可能性が出て来ます。

クレジットカードが使えるか心配な方は?

実際、債務整理後にクレジットカードを使えるかどうか心配になる方もいらっしゃるかと思います。

そういった時は、債務整理に強い弁護士や司法書士に相談して、債務整理後のお金の使い方についても相談されるのが良いでしょう

クレジットカードは、もちろんあれば便利ですが、人によっては一時的にカードを使わない期間を持った方が良いかもしれません。

また、クレジットカードを直接、使えなくても、家族カードやデビットカードなど、代用できるカードはいろいろあります

債務整理に強い弁護士や司法書士であれば、クレジットカードを含めたトータル的な相談が可能ですので、まずは気軽に連絡をしてみて下さい。