個人再生で妻の通帳は提出は求められるのでしょうか?

個人再生を行なう男性の中には、妻に内緒で手続きを行ないたいという方もいらっしゃいます。

また、妻が既に分かっている場合でも、夫が借金を抱えるようになった事情から、妻の協力を得づらいという方もいらっしゃいます。

ここでは、妻の通帳の提出の有無について具体的に解説していきます。

妻の通帳は原則不要

個人再生の手続きを行なう際、妻の通帳は原則必要ありません

仮に妻が借り入れを行っている場合でも、妻の収入の中できちんと返済出来ているのであれば問題はありません。

妻の借金と夫の借金は別々のものとして判断されるからです。

妻の通帳の提出を求められる場合も

その一方で、個人再生の手続きを行なう場合は、

  • 債務整理を行なう夫の通帳(過去2年分の記載があるもの)のコピー
  • 家計収支表:過去2~3ヶ月
  • 妻など同居家族に収入がある場合は過去2~3ヶ月分の給与明細

などは、提出する必要書類の中に含まれてきます。

※家族の給与明細は、地方裁判所や個人再生委員の判断によって不要となるケースもあります。

こういった書類を提出する目的はお金の流れを管理するためであり、使途不明のお金があればチェックされることになります

ですから、基本的に、妻の通帳は提出しなくても、妻の収入や家計全体の収入と支出については、きちんと記載をして、弁護士を通じて裁判所に提出する必要があるのです。

さらに、必要書類を提出した後、預金調査などが行なわれたりする訳ですが、もし、

  • 夫の通帳と妻の通帳との間で多額のお金のやり取りがある
  • 妻名義の保険の保険料が夫の口座から引き落とされている
  • 妻の借金の返済が夫の口座から行なわれている

など、夫の口座と妻の口座との間に深い関係があると裁判所から判断されたら、妻の通帳のコピーの提出を求められる場合があります。

実際、夫婦は家計を同一としているケースが大半なので、妻の通帳もチェックしなければお金の流れが分からない時もあります。

例えば、光熱費など家族全体にとって必要な支出を妻の口座から引き落としている場合は、隠し口座がないことを証明するため、妻の通帳のコピーの提出を求められる可能性は高くなります。

また、個人再生では清算価値(保有している財産価値の総額)が最低弁済額よりも多くなると、その分、弁済額が増えてしまいます

或いは、個人再生では、住宅ローンを除く、全ての債権を平等に扱わないといけませんが、中には一部の債権者に対してバレないように優先して返済をしようとする方もいらっしゃいます

そのような事情から、夫の口座から妻の口座に資金の移動があると、資金隠しが行なわれているのではないかと疑われる可能性があるので、そのような場合でも妻の通帳のコピーの提出が求められることがあります。

妻に迷惑を掛けたくない場合は?

実際、家計の状況によっても異なりますが、もし、妻の通帳のコピーの提出を求められたら、すぐに提出できるよう準備はしておく必要があります。

ただ、中には債務整理と直接関係ない妻に迷惑を掛けたくない、或いは中々妻から協力してもらえそうにないという方もいらっしゃいます。

そういった場合は、個人再生ではなく、任意整理の手続きを行えば、妻の通帳のコピーの提出する必要性は一切ありません

ですから、より負担の少ない形で債務整理の手続きが出来ないか、弁護士や司法書士に相談されることをオススメいたします。