夫や妻が個人再生をする時、配偶者のクレジットカードに影響が出ることを恐れてしまう方がいらっしゃいます。

夫婦は生計を共にしていますし、住所も基本的には同じなので、債務整理をした人の配偶者が新規でクレジットカードを作る時は少なからず審査に悪影響が出るようにも見えます。

実際のところはどうなのでしょうか?

原則は配偶者のクレジットカードに影響はなし

個人再生を行なうと、約5年~10年間、信用情報機関に事故情報が登録されるため、その期間はクレジットカードを新たに使うことが基本的に難しくなります。

また、現在、使用しているクレジットカードも更新時など途上与信の際に使えなくなってしまう可能性が高くなります。

しかし、これはあくまでも債務者本人でのお話です。

夫婦の一方が個人再生を行なっても配偶者の信用情報には影響がないので、原則として、配偶者のクレジットカードの審査や利用に影響が出ることはありません

配偶者のクレジットカードに影響が出る場合

ただ、その一方で配偶者のクレジットカードに影響が出る場合があります。

夫や妻が債務整理を行った会社のカードを申込む場合

もし、夫や妻が個人再生を行った際、その対象となったクレジットカード会社で配偶者がクレジットカードを作ろうとした場合は、審査に引っ掛かる可能性が出て来ます。

なぜなら、このようなケースでは、通常の信用情報機関に登録される事故情報とは別に、個人整理を行ったクレジットカード会社の社内ブラックリストに情報が登録されてしまっているからです。

信用情報機関に登録された事故情報は、本人がカードやローンの審査を受ける時など以外は金融機関が照会することが出来ません。

ですから、たとえ住所が同じである配偶者がクレジットカードを作る場合でも、個人情報保護の観点から個人再生を行った夫や妻の事故情報は照会できないのです。

しかし、社内ブラックリストでは、そのような制約がないため、住所が同一であると、そこから審査に影響が出てしまう可能性が高くなります。

そのような点から、配偶者がクレジットカードの審査を受ける場合は、夫や妻が個人再生の対象としたクレジットカード会社とは別の会社を選ぶ方が無難です。

配偶者が専業主婦などである場合

もし、配偶者が専業主婦(あるいは専業主夫)など、収入がない人の場合は、もう一方の夫や妻の収入などの信用情報を照会しながら審査することになります。

(このようなケースでは、申込みフォームに収入がある夫や妻の情報を書くようになっています)

そこで審査の対象となる夫や妻が個人再生を行っていたことが分かると、審査に落ちてしまいます。

参考記事:債務整理をすると配偶者にどんなデメリットがあるのか?

家族カードも問題なく使える

個人再生を行った本人は、本人名義のクレジットカードを作ることも出来ませんし、既に所有しているカードもいずれは使えなくなります。

もちろん、債務整理を行っていない旦那や嫁のクレジットカードを勝手に使うことは不正利用となってしまいます。

ですから、この場合は、個人再生を行っていない配偶者がクレジットカードの家族カードを作ってもらえば、問題なく利用することが出来ます

家族カードの場合、審査の対象となるのは、主たる契約者の信用情報となるからです。

ただし、またクレジットカードを使えるようになると、以前のように再び借金を繰り返す人も中にはいらっしゃいます

ですから、家族カードは、配偶者にしっかり管理をしてもらいながら計画的に利用されることをオススメいたします。