債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されて、ブラックリスト状態となるため、その期間は、カーローンを組むことが出来なくなってしまいます。

参考記事:債務整理での車に関するデメリット

では、車のリース(カーリース)も審査に通らないのでしょうか?

また、審査なしのカーリースはあるのでしょうか?

カーリースのメリットは?

そもそもカーリースのメリットは何なのでしょうか?

まず、カーリースは、ローンに比べると月々の支払い額を安く抑えられるというメリットがあります。

実際、カーローンで車を購入するとなると、月々の返済額以外に自動車税、保険代、そして車検代などをまとまった金額で払う必要が出て来てしまいます。

しかし、カーリースであれば、すべての諸費用がリース料の中に含まれていることもあり、維持費が安定しています

さらに、カーリースは車を購入する場合と異なり、頭金も原則として必要ありません。

ただ、その一方でカーリースの場合、車の所有権はリース会社にあるため、契約期間が終われば、基本的には車を返却しなければなりません

それでもリース契約を更新していけば、定期的に新しい車に乗り換えることが出来るとも言えます。

債務整理後の車のリースについて

さて、本題ですが、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)は車のリースの審査に通ることは出来るのでしょうか?

残念ながら、信用情報機関に事故情報が載っている段階であれば、基本的に審査に通るのは難しくなってしまいます

車のリースは、基本的にはオリックスやジャックスなど信販会社を通じて行なうため、信販会社の審査を受けることになります。

信販会社は信用情報機関に加盟をしていて、審査の際は、あなたの個人情報を照会するため、そこで審査に通らない可能性は高くなります。

また、法人名義で申し込む場合でも中小企業などの場合は、社長個人の信用情報をチェックされるので、審査に通るのは難しいでしょう。

ですから、債務整理後に車のリースを利用したい場合は、基本的には信用情報機関から事故情報が消えるのを待つ必要があるのです

審査なしのカーリースはある?

では、審査なしのカーリースというのはあるのでしょうか?

実際、カーリースを行っている会社の中には、、無審査、または自社審査でリースを行っているところがあります

自社審査の場合は、信用情報機関の情報を照会しないので、債務整理を行ったかどうかが審査基準に反映される可能性が低くなり、審査に通りやすくなります。

会社名・サービス名 概要
比べてレンタカーリース 西宮に拠点があり、関西を中心として、事業者向けのレンタカーやカーリースを行っている会社です。
カーリースは審査なしで受けることが出来ます。
GAP ACCESS 中小の事業者向けのリースを行っている会社です。
審査はありますが、信用情報に事故履歴が残っている人でも対応しています。
ただし事業以外のリースは扱っていませんし、対応エリアも、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一部と限られています。
チューレン汰 長野県に拠点があり、中古車のレンタカーやリースを行っている会社です。
自社で独自の審査を行っているので、月々の支払いさえ可能であれば、債務整理を行った人でも利用出来ます。

ただし、無審査や独自審査でカーリースを行っているところは、

  • 地域が限定されている
  • 新車ではなく中古車カーリースに限定されている
  • 法人に限定されている
  • 連帯保証人が必要な場合がある

など、条件が限定されているケースも多いです。

もし上記の条件などクリアすることが出来れば、債務整理後でも車のリースをすることが出来るかもしれません。

しかし、近くにそういったお店がなければ、車のリースは諦めざるを得ないところがあります。

また、車の扱いどうするかという点については、債務整理に強い弁護士や司法書士に相談しながら進めていかれることをオススメいたします。